緩和型がん保険の特徴とメリット・デメリット

日本人が生涯でがんに罹患する確率は、男性62%、女性46%です(下参照)。

また、芸能人や、その配偶者ががんに罹ったニュースが報じられることがありますので、がんへの関心は高いのではないでしょうか?私たち日本人にとって、がんはまさに国民病です。

  がん罹患率 がんで死亡する確率
男性 62% 25%
女性 46% 16%

引用元:国立がん研究センターがん情報サービス

そんな中、一度がんにかかったら保険には入れないと思われる方も多いのではないでしょうか?

しかしがん保険の中には「緩和型がん保険」というものがあり、加入条件を緩和させ、一度がんになったとしても一定条件に元、加入できるがん保険もあるのです。

今回はがん治療の現状と、緩和型保険のメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

がんは治る病気です。

がんは、かつては「不治の病」として恐れられてきました。しかし、表をご覧頂くと「がん罹患率」に比べ、「がんで死亡する確率」の方が低いことが分かります。

がんに罹患した人も、がんを克服し、最期は別の理由(病気やケガ)で亡くなっていると考えられます。

がんは、昭和56年以後、今に至るまで日本人の死亡原因の1位を占めています(「主な死因別にみた死亡率(人口10万人対)の年次別推移」を参照)。

また、日本人の平均寿命は着実に伸びており、今後も伸び続けることが想定されています(「平均寿命の推移」を参照)。 つまり、がんは克服可能、がんは治る病気なのです。

引用元:平成27 年人口動態統計月報年計(概数)の概況・平均寿命の推移(引用元 内閣府資料

がんは再発と転移を繰り返す可能性も

しかし、がんは再発と転移を繰り返す可能性のある病気でもあるのです。

例えば、乳がん

乳がんは、治療を終えた後、3年までに再発することが多いのですが、5から10年を経過して再発することもあります。

また、乳がんは遠隔転移して、転移性乳がんになることがあります。

乳がんが肺に転移した場合、肺がんとは異なり、患部が肺であるにも関わらず、乳がんの性質を有する「乳がんの肺転移」となります。

また、乳がんが再発して、再発乳がんになることもあります。再発乳がんの中でも、手術したところだけに再発する局所再発することもあります。

医療保険に比べると低い、がん保険の加入率

ところで、『平成27年度生命保険に関する全国実態調査〈速報版〉』(引用元 生命保険文化センター)によると、「医療保険・医療特約の世帯加入率は91.7%」なのに対し、「ガン保険・ガン特約の世帯加入率は60.7%」と、医療保険に比べると、がん保険の世帯加入率は3分の2に過ぎません。

筆者は、先日、「3カ月前に、がんの手術を受けた」という方にお会いしましたが、その方は開口一番「まさか、自分ががんになるとは思わなかった。

がん保険に入っていれば良かった」と言っていました。そして「今からは、もう、がん保険の加入は絶対無理ですよね?」と尋ねられました。

「日本人にとっての国民病のがん」ですが、がん保険の加入という点では、まだまだのようです。

先述の通り、民間の医療保険に比べると、がん保険の加入率は低いです。

がん保険を契約すること無く、がんに罹患して克服したものの、がん保険の必要性を実感する方が多いようです。

あるいは、がん保険に契約している方が、がんに罹患して克服した後、がん保険の見直したいと思うことがあるようです。

例えば、契約済みのがん保険が「がんによる入院治療を保障する」商品の場合。最近の、がんの治療は入院日数が短くなり、外来による治療も行われる傾向があるからです。

緩和型のがん保険

がんに罹患してからでは、やはり、新たに、がん保険を契約することはできません。また、がんを克服し治療を終えたとしても、がん保険を契約することは難しいようです。

しかし、がんの治療を終えてから一定の期間が経過する等、条件を満たしていれば、経過観察中でも、加入を検討することができる「緩和型のがん保険」があります。

緩和型がん保険のデメリットは保障が薄く保険料が割高なこと!

下の表は、「がん保険」と「緩和型のがん保険」の保障内容と保険料の比較です。

保障内容と保障額については、パッと見、大きな違いは無さそうですが。「緩和型のがん保険」には診断一時金が無く、抗がん剤治療給付金の額は半分です。

そして、保険料額の方は(がん保険に比べると)「緩和型のがん保険」の方が、1.5~1.6倍くらい高いですね。

    がん保険 緩和型がん保険
保障内容と保障額

診断一時金

100万円 無し
入院給付金 10,000円 10,000円
通院給付金 10,000円 10,000円
手術給付金 20万円 20万円
放射線治療給付金 20万円 20万円
抗がん剤治療給付金 10万円 5万円
保険料 40歳 男性 4,310円 6,855円
40歳 女性 4,610円 7,080円

引用元 がん保険(アフラック)緩和型がん保険(アフラック)

転移がんは治療方法の選択肢が絞られる?保険は無意味?

先述の通り、「がん保険」に比べ「緩和型のがん保険」は保険料が割高な上に、診断一時金がありません。これをデメリットと考える方も多いでしょう。

また、再発や転移に備えるとは言っても、転移がんが見つかれば、原発がん(=ここで「原発」とは、最初にできる「がん」のこと。

原子力発電所とは一切、関係ありません)を取り除くための手術は出来ないのが一般的で、抗がん剤治療か放射線治療に選択肢が絞られてきます。

そして、転移が、もし遠隔転移(子宮がんから肺に転移するなど、原発がんから離れた臓器などに転移する)ですと、全身への転移を疑われる場合もあり、治療の選択肢は抗がん剤に絞られる可能性もあります。

治療方法の選択肢が絞られてしまうのなら「保険という商品で保障を備えても無意味なのでは」という結論になってしまいそうです。

医療は進歩しますし、治療の目的は根治だけではない?

がんの闘病日記とも思われる個人のブログを拝見していると「転移がんがあっても原発がんを取り除く手術を受けることができた」という記事がありました。

医療、特に、がんの治療の進歩は目覚ましいものがあります。今は「手術や放射線治療ができない」としても、将来は治療の選択肢になり得る、つまり、治療の選択肢が広がる可能性があります。

また、がんは「治す」ことを目的とした治療だけではありません。

「痛みを取り除く」ことを目的とした「緩和治療」や、「1日でも長く生きることができる」ようにする「延命治療」もあります。

「緩和型のがん保険」は「緩和治療」や「延命治療」のための入院や外来、そして往診(=訪問医療)も保障の対象になっています。

緩和型のがん保険メリット

がんを克服した方だからこそ、がん治療による経済的な、そして精神的な負担は、よくご存知です。そして、医療の進歩と共に、将来は治療の選択肢が広がる可能性があります。

一度、感じた経済的な負担を再び、というのは、再発と転移が見つかったショックに、さらに打撃ですね。

再発や転移が無いのが一番ですが、その可能性があり、そして、それが現実化した時の経済的な負担が多少なりとも(一度、経験しているゆえ)想像できるのでしたら、緩和型のがん保険はメリットが大きいのではないでしょうか?

がん保険と医療保険に加入する際、気を付けたい保障の重複

医療保険とがん保険、両方に入ったほうがいいのか、医療保険だけ、あるいはがん保険だけでいいのか、医療保険もがん保険もいらないのか・・・と迷う方も多いようです。

ご相談者の中には両者の違いもよくわからない、という方もいらっしゃいます。

今回は、がん保険と医療保険の特徴を整理しつつ両方に入る場合に気を付けたい重複について考えてみましょう。

医療保険とがん保険の特徴

「がん」も病気の一つですから、医療保険に加入していれば「がん」になった時にも保障されます。

ですから、がん保険にも加入するなら重複する部分も出てきます。

ただ、そもそも保障の範囲が「医療保険」と「がん保険」では異なりますので、ここから整理していきましょう。

下記の図表をご覧ください。

主な保障内容

医療保険(病気・けがを保障) がん保険(がんを保障)
  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • 通院特約
  • 先進医療特約   など
  • 診断給付金
  • 治療給付金(抗がん剤・放射線)
  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • 通院給付金
  • 先進医療特約  など

重複してくるのは「入院給付金」「通院給付金(特約)」「手術給付金」「先進医療特約」ですが、それぞれ違いはあるのでしょうか。

「入院給付金」「通院給付金(特約)」の違い

医療保険の「入院給付金」は病気やけがで入院した際、日額5000円や10000円など加入時に定めた金額が1入院あたり60日や120日の支払日数を限度に支払われます。

最近では入院日数が短くなる傾向にあり、60日型の医療保険が主流となっています。

ただし、厚生労働省の患者調査などを参照すると、精神・神経・脳疾患系の病気は入院を繰り返したり長期入院になる傾向があり、こういった病気に備えるには医療保険は助けになるといえます(こういった病気になる可能性を図るのはとても難しいのですが・・・)。

一方、がん保険の「入院給付金」は無制限で、短期間で入退院を繰り返したり、長期入院になった場合にも保障されます。同じ「入院給付金」でもがん保険のほうが手厚いといえるでしょう。

医療保険の「通院給付特約」は手術や入院を伴う通院に対し、給付金が支払われます。ですから、風邪や捻挫で数日通院しただけでは保障の対象にはなりません(「傷害保険」に加入していれば、けがの通院は補償されます)。

給付金を請求するための診断書を書いてもらうにも数千円の費用がかかりますので、退院後の何回かの通院のために保障が必要かどうかは検討の余地があるでしょう。

がん保険の通院保障は基本的には2タイプ。加入しているがん保険、あるいはこれから加入を検討しているがん保険の内容をよく検討しましょう。

  1. がん治療のために入院や手術をして退院後に通院治療した場合に給付金が支払われる(退院後、1年以内の通院など期間に制限あり)
  2. 所定のがん治療を通院で受ける場合にも給付金が支払われる

1. の場合は、医療保険同様に通院だけの治療には給付金は支払われません。医療技術の発達により、最近ではがんも通院で治療するケースが出てきているため給付対象外となります。

2. の場合は、手術や入院を伴わなくても給付金が支払われます。通院治療が多くなってきたがん治療に対応するものですが、毎日飲む薬代などは適用外などこちらも制限がありますので確認が必要です。

「手術給付金」は必要?

医療保険とがん保険で重複する保障に「手術給付金」もあります(手術の種類により、給付対象外であったり、給付金の額が異なったりします)。

医療保険に加入していれば、盲腸や白内障、骨折など多くの病気・けがの手術に対し給付金が支払われますが、がん保険だけではがん治療のための手術に限定されます。

両方に加入していれば、がんの治療で手術を受けた際には両方から給付が受けられますが、最近ではがんも必ずしも手術のみの治療で済むことは減ってきています。

医療保険にすでに加入しているのであれば、がん保険には抗がん剤や放射線治療を行ったときに給付される「治療給付金」をつけておくほうが有効でしょう。

「先進医療」とは?

また、「先進医療特約」も重複する保障です。「先進医療」とは、厚生労働省が定める「高度な医療技術を用いた治療」のことで、その治療を行う医療機関も技術ごとに指定されていて、平成29年10月1日現在、104種類の先進医療技術を延べ1683の医療機関が実施しています。

(厚生労働省 先進医療を実施している医療機関の一覧

先進医療の技術料は、健康保険の適用にはならず全額自己負担となりますので、がん治療のための陽子線療法や重粒子線療法など高額になる治療法に対応するには必須となります。

ただし、がん保険に特約として付ける場合は、がんの治療に限定されてしまいますので眼科や歯科、婦人科など広く保障を受けるためには医療保険に特約として付加するのがいいでしょう。どんな先進医療の技術が多く受けられているのでしょうか。

下記の図表をご覧ください。

技術名 年間実績件数 平均概算費用 平均入院日数
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術 9877件 約535,000円 1.2日
前眼部三次元画像解析 7788件 約3,800円 0.6日
陽子線治療 3012件 約2,680,000円 13.0日
重粒子線治療 1889件 約3,090,000円 12.1日

出典:平成27年度 中医協「先進医療の実績報告」より算出
©Ecompany All rights reserved

医療保険に付加する「先進医療特約」で保障される技術の費用は、がん治療の費用ほど高額ではありませんが、この特約の保険料は月額100円前後です。

できれば幅広い疾病に対応しておいたほうが安心といえます。

まとめ

結論として、

  • 医療保険で入院・手術の保障が確保できているなら、がん保険には「診断給付金(がんと診断された場合に所定の一時金がおりる。入院・通院・手術など使い道は問わない)」「治療給付金(抗がん剤や放射線治療を受けた際に、月額10万円など所定の給付金がおりる)」などがん治療のための保障を重視する
  • 先進医療特約は医療保険に付加するほうが、多くの先進医療技術に対応できる
  • 必要な保障(診断給付金と治療給付金のみ、手術・通院は必要なしなど)希望に応じて選択できる契約者にやさしい保険に加入する

病気になった時のために、がんになってしまった時のために・・・保険にしっかり加入して安心はしたいのですが、その分保険料はかさみます。

高額療養費制度や医療費控除などの公的保障や税制もしっかり学んで、シンプルな加入ができたら家計にも安心ですね。

がん保険と三大疾病保険の違いとどちらに入ればよいか?

がんは「国民病」と呼ばれるほど、日本人にとって身近な病気の一つです。有名人ががんにかかったことを発表したり、身近な人がかかるなど、見聞きすることが多いでしょう。

また、周りの人が急性心筋梗塞で倒れた、脳卒中で急に亡くなったと聞くと、不安になるかと思います。

自分がかかる可能性を考え、万が一のために保険で備えようと考えた時、がん保険と三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)保険のいずれかで迷うことがあるのではないでしょうか。

違いを知り、どのように選択していけばいいのか考えてみましょう。

年次推移から見る死因順位の状況

まずは、どのような病気にかかり、亡くなっているのか下記の図表をご覧ください。

出典:平成 28 年(2016) 人口動態統計の年間推計 厚生労働省 死因順位別死亡数の年次推移

平成16年からの推移を見ると、死因順位の不動の1位はがん(悪性新生物)となっており、がんの死亡数は年々増加していることがわかります。

心疾患(急性心筋梗塞)と脳血管疾患(脳卒中)は平成21年までは2位、3位でしたが、平成26年から28年にかけて肺炎が3位になっています。

肺炎の死因順位が上がったのは、高齢化が進んだことが主な理由だと言われており、高齢者の増加に伴い、死亡数も増える傾向にあります。

死因順位の多少の変化はありますが、10年以上に渡り、がんと三大疾病が上位を占めていることからも、万が一のために備えたいと考える人も多いことでしょう。

通院治療が増えてきている

医療技術の進歩により、病気になって手術が必要になったとしても、長期の入院で治療していくのではなく、短期入院で通院治療を進めていく傾向にあります。下記の図表をご覧ください。

傷病分類別にみた受療率(人口10万対)

疾病名 入院 通院
がん 114 182
心疾患(急性心筋梗塞) 47 105
脳血管疾患(脳卒中) 125 74

出典:厚生労働省「患者調査の概況」傷病分類別にみた受療率(平成26年10月)を基に作成
©Ecompany All rights reserved

がん、心疾患(急性心筋梗塞)、脳血管疾患(脳卒中)の受療率を見てみると、脳血管疾患(脳卒中)を除き、入院よりも通院の割合が増えていることがわかります。

脳卒中は、何の前触れもなく突然起こり、半身の麻痺や言語障害などの後遺症が残こるなど重度化することがあるので、入院率が高くなっているようです。

また、厚生労働省の平成28年国民生活基礎調査の概況によると、脳卒中は寝たきり原因の第1位にもなっています。

どのくらいの入院期間になっているのか、下記の図表をご覧ください。

出典:厚生労働省「患者調査の概況」傷病分類別にみた受療率(平成26年10月)を基に作成
©Ecompany All rights reserved

がんと急性心筋梗塞は、平均在院日数が20日前後となっているのに対し、脳卒中は手術後、社会復帰をするためのリハビリ入院などもあり、約90日と長くなっています。

がん保険と三大疾病保険の違いとは

あらためて、がん保険と三大疾病保険の違いについて見てみましょう。

がん保険とは

がんと診断された時、がんを理由とした入院や手術をした時などに、給付金が受取れるがんの保障に特化した保険です。

給付金の種類も様々で、がんの三大治療と言われている手術・放射線治療・抗がん剤治療の時に受取れる給付金などもあります。

三大疾病保険とは

多くの場合、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)になった時に、一時金として受取れる保険です。

しかしながら、急性心筋梗塞や脳卒中になったとしても、保険金を受け取る適用条件は様々です。

最近では、適用条件が緩和されたり、三大疾病の保障の範囲に変化が出てきているので、必ず確認しましょう。

なお、高度障害と診断された時や三大疾病にならず、被保険者が死亡した時にも一時金が受取れるものもあります。

それでは、具体的にがん保険と三大疾病保険の保障内容を下記の図表から確認してみましょう。

がん保険と三大疾病保険の比較表(40歳男性の場合)

  A社 B社
がん保険の保障内容 がん診断給付金 100万円(1回限り) 50万円(2年に1回、回数無制限)
上皮内がん 10万円(1回限り) 50万円(2年に1回、回数無制限)
入院給付金 5,000円/日
通院給付金 5,000円/日 5,000円/日
手術給付金 10万円
放射線治療給付金 10万円/1回 20万円/月(放射線・抗がん剤・ホルモン剤治療、回数無制限)
抗がん剤治療給付金 5万円
乳がん・前立腺がんのホルモン治療 2万5,000円(通算300万円)
先進医療給付金 通算2,000万円(技術料と同額)+15万円(1年に1回) 通算2,000万円(技術料と同額)+15万円
(同一の先進医療の療養は1回限り)
*その他:がんと診断されたら保険料の払込が免除となる
保険料 4,310円 3,401円
三大疾病保険の保障内容 ・がんと診断された時、急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態に該当した時:200万円
・死亡保険金:200万円
・高度障害保険金:200万円
上記いずれかに該当したら200万円受け取れる
(1回限り)
主契約ががん保険
・ガン診断特約(三大疾病特約付加):初めてがんと診断された時、急性心筋梗塞・脳卒中いずれかを発病し、その治療を直接の目的として入院した時:100万円
・放射線治療給付金:10万円/月
・抗がん剤、ホルモン剤治療給付金:10万円/月
・ガン先進医療特約(三大疾病特約付加):通算2,000万円(技術料と同額)+15万円(同一の先進医療の療養は1回限り)
・悪性新生物保険料払込免除特約(三大疾病特約付加)
保険料 6,548円 4,607円

大手生命保険会社のシミュレーションサイトを基に作成
©Ecompany All rights reserved

がん保険の保障内容について、A社とB社は、共通しているのは給付金の種類が選べたり、治療に細かく対応できる内容になっていますが、診断給付金の種類、金額、回数などが異なります。

一方、三大疾病保険の内容は、A社のようなパターンが多く、1.がんと診断された時、急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態に該当した時、2.亡くなった時、3.高度障害の状態の時、この3点を抑えたシンプルな内容が多いです。

B社は主契約ががん保険となっているたま、がん保険の内容を急性心筋梗塞と脳卒中の範囲まで広げた特殊なパターンになっています。

三大疾病保険について、A社とB社の大きな違いは、急性心筋梗塞・脳卒中の所定の状態の適用条件です。

例えば、A社の急性心筋梗塞の場合、発病し、初めて医師の診療を受けた日から「60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続」したと、医師に診断された状態でなければ、保険金が受取れません。

ただしA社のメリットは、高度障害の状態になった時や亡くなった時に保険金を受取ることができます。

B社は、何日以上という条件はなく、急性心筋梗塞、脳卒中の治療を直接の目的として入院すると保険金が受取れます。どのような条件になっているのか、確認が重要といえるでしょう。

がん保険、三大疾病保険の選び方と入り方

選び方

死因順位1位であるがんの治療に特化した保障にしたいのか、あるいは入院日数が長くなりやすい急性心筋梗塞や脳卒中も心配で、広い範囲の保障にしたいのか、選択する必要があります。

なお、保障の幅が広がる三大疾病保険は保険料の負担が大きくなりやすい点には注意しましょう。

入り方

がんに備えたい場合は、すでに加入している医療保険にがん特約を付加する方法、がん保険単体に加入する方法があります。

三大疾病に備えたい場合、医療保険やがん保険に三大疾病特約を付加する方法、三大疾病保険単体に加入する方法が多いです。

また住宅ローンを組む際に団体信用生命保険の三大疾病特約に加入する等あります。

ご自身の保険の加入状況を確認し、家族構成や年齢などライフプランも考え、家計とのバランスも考慮するといいでしょう。