FPが50代の人におすすめするがん保険の選び方

「50代」と見聞きしますと、仕事ではそれなりの役職について収入も全体的に多いとイメージできそうですが、一方で、子どもの大学にかかる教育資金や住宅ローンの返済、そして、健康への不安といったマイナスのイメージを持つこともできるのではないでしょうか。

生活習慣病であり、三大疾病の1つである「がん」は、50代の方からすると、男性、女性といった性別を問わず、いつ、がんになってもおかしくない年代であるのは確かであり、実際に、がんへの備えとしてがん保険に加入されていない方も少なくありません。

仮に、50代でがんになってしまった場合に想定されるリスクというものは、一般に大きなものになると想定されますが、本記事では、この想定されるリスクの部分も含め、50代の皆さまにとって大切ながん保険の考え方と選び方について解説を進めていきます。

50代におけるがんの罹患率 ~50代は、がんにかかる確率が男女共に高くなってくる~

がん罹患率

引用元:国立がん研究センターがん情報サービス 最新がん統計 4)がん罹患率~年齢による変化

上記グラフの推移は、すべてのがんにかかる罹患率を男女と年齢別に表したものとなりますが、がんの罹患率は、40代あたりから徐々に上昇しはじめ、50代では、男女いずれもがんに罹患する確率がさらに上昇していることが確認できます。

この統計確率を見て、「まだまだたいしたことはない」と感じる方もいれば、「少し心配」と感じる方もおられると思いますが、いずれの考え方についても否定をするつもりはございません。

ただし、次項から解説を進める「50代でがんにかかった場合のリスクを考えた時」ご自身の考え方がはたしてどうなのか再度考えてみることはとても大切だと思います。

50代でがんにかかった場合のリスクを考えてみよう

ここでは、50代でがんにかかった場合のリスクについて想定されるものを箇条書きで紹介していきたいと思いますが、ご自身ならば、想定されるリスクに対してどのように対策をなされるのか、自分の立場に置き換えて考えていただきたいと思います。

  • がんで入院や手術をすることになると、仕事を休むことになるため収入が減少する
  • 自営業者など国民健康保険に加入している場合は、傷病手当金などの所得補償がない
  • 傷病手当金が支給されたとしても給料の満額ではない
  • 貯蓄が減少する可能性が極めて高い
  • 高額療養費制度を活用したとしても毎月の医療費がかさむ
  • 住宅ローンが残っている場合は、負担が重なる可能性もある
  • 子どもの教育費用と負担が重なる可能性もある
  • 無事退院することができたとしても、今度は通院に医療費がかかる
  • 通院期間中に、がんの投薬などの副作用によって休職しなければならない可能性もあるため、収入が減少する可能性が否めない
  • がんの治療は、再発などの検査や経過観察なども含めて年単位で行われるほか、薬代も負担になる可能性が極めて高い
  • 家族の人生が大きく変化する可能性がある

上記のリスクは、すべて50代だからといったものではございませんが、収入の高い一家の主が、がんにかかってしまったリスクは、言うまでもなく大きいことはご理解できるのではないでしょうか。

また、夫婦共働きで奥様の方が、がんに罹患した場合でも考え方は同じになると想定されるほか、仮に、専業主婦の方であったとしても、家族の皆さんが抱える負担は精神的にも肉体的にも大きなものになることは言うまでもないでしょう。

がん保険は、先に紹介した「金銭的なリスク」を補填するための生命保険になります。

がんにかかる統計確率だけの問題ではないと思われますが、「まだまだたいしたことはない」「少し心配」などの感じ方が、より現実的に変わったのではないでしょうか。

50代におすすめするがん保険と選び方とは

生命保険会社が取り扱っているがん保険は、1ヶ月あたりの支払保険料をはじめ、保障内容がそれぞれ異なる特徴があるのですが、根幹部分となるがん保険特有の保障については、どの保険会社も共通していることが伺えます。

たとえば、がん保険は、保険契約が開始となる責任開始日と呼ばれる日から90日間は、待機期間と呼ばれ、免責=保障がされないこととなっています。

また、がんで入院した場合に保険金が支払われる入院給付金やがんの治療で通院した場合に保険金が支払われる通院給付金の支払いが「無制限」になっている場合も多いといった特長があります。

こちらは筆者自身の実務上の経験と主観となってしまうのですが、実際のところ、万が一の病気やけがのための備えとして医療保険に加入されている方も多い一方で、がん保険に加入していない場合や、医療保障やがん保障がセットになった生命保険には加入されているものの、保障内容が不十分であるなどのケースが、50代では非常に目立つといったことも否めないと感じています。

生命保険は、支払保険料が高ければ保障内容が良いといったことはありません。

現在加入している生命保険の見直しはもちろんですが、先に紹介させていただきました想定されるリスクを考慮した上で、どこまで自分を守ってくれるのか、懸念していることがしっかりと払拭されるのかなどについてしっかりと確認しておくことが大切です。

50代におすすめするがん保険と選び方について明確な答えをご案内することは、1人ひとりの考え方や状況が異なることから、型にはまって回答することは不適切だと思える一方で、先に解説した想定されるリスクについてすべて払拭できるようながん保険であれば、少なくともそのがん保険は、読者の皆さまにとって適切ながん保険であると筆者は感じています。

まとめ

50代は、家族全体のライフプランを考慮した時に、がんによって大きく家計が崩れてしまう懸念が特に大きい世代だと推測されます。

そのため、ご自身が置かれている状況や本記事で紹介したがんによって想定されるリスクについて再度ご確認していただき、がん保険の必要性について再認識していただきたいと思っています。

すでにがん保障について備えがされている50代の皆さまも、本記事をきっかけに、念のため保障内容などを再確認していただければ安心なのではないでしょうか。

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 メットライフ生命

メットライフ生命

当サイトランキング2位はメットライフ生命(ガードエックス)です。基本補償が充実しており追加で特約をつけられるので自分に合ったがん保険にカスタマイズすることができます。


資料請求