がん保険の90日待ち期間と免責がある理由

がん保険は、実際に保障が開始になるまで「90日の待ち期間」というものが存在します。

通常、生命保険は、申し込んだ保険の契約内容について保険会社から引き受け(加入の承諾)を受けた場合、生命保険の保障が開始され、その日から効力が開始されることになりますが、がん保険の場合は、例外として、ただちに保障が開始されるわけではありません。

また、がん保険には、「90日の待ち期間」と似たようなもので「免責(めんせき)」というものが規定されており、主に保険会社が行う「保険金の支払い」に関することや私たちが保険会社に対して行う保険料の支払いに関することについて、約款(やっかん)という保険契約のルールで定められています。

このような事情を踏まえまして本記事では、がん保険の90日の待ち期間と免責がある理由について解説を進めていきます。

がん保険の90日の待ち期間がある理由とは

はじめに、がん保険に90日の待ち期間がある理由について解説を進めていきますが、これから解説していく状況にあてはめてイメージしていただきますと、90日の待ち期間がある理由について、より深く理解することができると思います。

たとえば、会社員や公務員などで1年に1回ある職場の健康診断を受けた際、「要検査」といった結果が出ますと、後日、病院へ行って再検査をする流れになります。

この再検査の結果、仮に「がんの疑いがある」と知った場合、おそらく多くの皆様は、自分はこの先、長く生きられるのだろうか?といった不安を抱くのはもちろんですが、がんの入院や手術などといった医療費の支出に備えるためにがん保険へ加入しようと考えるのではないでしょうか?

しかし、このようながん保険の加入方法が認められてしまいますと、がんの疑いがかかる前からがん保険へ加入している方との間に、支払保険料の負担金額や保険金の受け取りに不公平感が生じてしまうことになります。

そのため、がん保険を含め、生命保険には、「公平性の原則」といって、前述したような少しの保険料を負担して大きな保険金を直ちに受けられるような意図的なものについて認めないような仕組みが構築されています。

また、がんは遺伝子の病気と言われますが、がん保険の保障に90日という長い期間を待ち期間として設定しているのには、実際にがんにかかったことが、がん保険に加入する前であることを医学的な観点から確実なものとするためや保険会社が、がん保険における保険金の支払いを少なくするためであるといった見解もあります。

がん保険の免責がある理由とは

免責(めんせき)とは、直訳しますと「責任が免除される」といった意味になりますが、がん保険でいう免責とは、保険会社が保険金を支払わない場合や私たちが保険料を支払わなくともがん保険の保障が継続する「払込免除」についての規定を指すのが一般的です。

免責が規定されている理由は、がん保険に限ったことではありませんが、意図的に保険金を得るといったことを抑止するためと考えるのが最も無難です。

自分で意図的にがんになることで、がん保険の保障を直ちに受けることはさすがに難しいですが、たとえば、終身保険や定期保険に加入した後に、自殺などによって直ちに保険金を遺族に受け取らせるといったことは、免責による規定で保険金が支払われないイメージが最も分かりやすいのではないでしょうか?

がん保険の約款では、免責について細かく規定しておりますが、後述する「がん保険における「免責」の具体例」で紹介していくこととします。

がん保険における「90日の待ち期間」の具体例

がん保険における「90日の待ち期間」の具体例は、以下のイメージ図の通りとなります。


引用:オリックス生命のがん保険ビリーブ契約概要/注意喚起情報ご契約のしおり約款

一般に、生命保険の保障は、「上記以外の場合」のように、告知もしくは、第1回保険料充当金(初回の保険料)を支払った時のいずれか遅い方から開始されます。

ただし、がん保険に加入する場合で「責任開始に関する特約」を付加することで、申込書の受理か告知のいずれか遅い時から90日の待ち期間を経て保障が開始されることになるため、従来よりも保障の開始が早く得られる効果を期待することができます。

最近では、それぞれの保険会社が「責任開始に関する特約」を導入することで、保険の保障開始をできる限り早めるサービスが普及し始めているため、これからがん保険への加入を検討されている方は、この辺りの特約があるのか、ないのかについても確認しておきたいものです。

がん保険における「免責」の具体例

がん保険における「免責」は、保険会社が定めた約款に細かく記載されておりますが、以下、一例として、オリックス生命のがん保険ビリーブのWEB約款より、保険料の払込を免除しない場合(免責)の内容を紹介します。


引用:オリックス生命のがん保険ビリーブ契約概要/注意喚起情報ご契約のしおり約款

がん保険における保険料の払込免除が免責になる理由について、上記の内容を細かく読み解いていきますと、いずれの内容も「普通の状態」であれば免責事由にあたらないことをご理解できると思います。

たとえば、「故意」「重大な過失」「犯罪行為」「精神障害」「泥酔」「事故」「酒気帯び」「戦争」など、いずれのキーワードを目にしましても、少なからず「普通の状態」とは言えません。

つまり、法に触れるようなことを自ら起こした場合や、偶発的なことが発生しない限り、基本的に免責事由にはあたらないため、さほど神経質になって考える必要性はないと思います。

まとめ

がん保険の90日の待ち期間と免責がある理由について解説をさせていただきましたが、いずれの理由につきましても納得できる理由であると感じてもらえたのではないでしょうか?

がん保険は、90日の待ち期間中につきましても、保険料を支払わなければなりませんが、本記事中で紹介をした「責任開始に関する特約」を賢く活用しながら、がんの保障を効率よく備えておきたいものです。

そして、がん保険に詳しい専門家等のアドバイスを参考に納得のいく保険選びを実現していただきたいものと思います。

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 メットライフ生命

メットライフ生命

当サイトランキング2位はメットライフ生命(ガードエックス)です。基本補償が充実しており追加で特約をつけられるので自分に合ったがん保険にカスタマイズすることができます。


資料請求