がん保険の加入を考えるベストなタイミング

がん保険の加入を考えるベストなタイミングには、明確なルールが決められておりませんが、少なくとも「がん保険に加入した方が良いかな?」と思った時に加入することがベストなタイミングの1つであると思います。

とても大雑把な考え方ではあるのですが、ここでは、ライフプランや保険相談といった第三者からの依頼相談に応じているFPの立場と経験を踏まえた上で、がん保険の加入を考えるベストなタイミングというものを探っていきたいと思います。

なお、本記事で紹介する考え方は、筆者個人の主観が多くなっていることから、がん保険を検討加入する上での1つの参考としていただければ幸いです。

ライフプランを見直した時やライフイベントがあった時

がん保険の加入を考える上で、ライフプランを見直した時やライフイベントがあった時は、やはり、がん保険の加入を考えるベストなタイミングといえます。

たとえば、将来に渡ってライフプランを見直した時というのは、現在において足りない部分を補うことになるため、少なくともがんになって家計が圧迫されるリスクを改善するための1つ方法として、がん保険への加入が考慮されることになるでしょう。

また、結婚、出産、住宅購入などのようなライフイベントがあった時は、どのライフイベントにおいても家族や家計を守るための「責任」が生じることになります。

結婚であれば配偶者を守る責任、出産であれば配偶者と子を守る責任、住宅購入であれば家族を守る責任と住宅ローンが滞らないようにするための家計を守る責任、家計に医療費負担をかけないための責任などがあたるでしょう。

このようなことから、ライフプランを見直した時やライフイベントがあった時は、がん保険の加入を考えるベストなタイミングであると考えられます。

率直にがん保険の必要性について感じた時

がん保険が必要か不要かは、人それぞれの考え方によって異なるものでありますから、いわば、がん保険に対しての価値観の違いになると思います。

しかし、この価値観の変化というものは、生きていく上で誰にでも起こり得るものであり、たとえば、以下のような時に、率直にがん保険の必要性について感じる時なのかもしれません。

  • 友人や知人が、がんになったことで大きな医療費がかかることを知った
  • がんで退院した後の通院治療が大変なことを知った
  • 友人や知人が、若くしてがんで死亡したことを知った
  • ニュース・新聞・インターネットサイト・ブログなどで率直にがん保険の必要性を感じた など

最初は、がん保険について不要だと思っていた方も、年齢を重ねていくことや前述したようなきっかけによって、がん保険に対する必要性の変化というものは十分に考えられます。

「思い立ったが吉日」と言われることもありますが、率直にがん保険の必要性について感じた時、素直にその考えに準じてがんへの備えを準備することは良いタイミングであると筆者は思います。

がんにかかってしまった場合の経済的なリスクを知った時

がんになると大きな医療費負担が強いられることは、多くの皆さまが予測することができていると思いますが、特に、いつ、どの程度の医療費負担が必要になるのか把握しておくことはとても重要です。

たとえば、がんで入院し手術を受けた場合は、高額療養費制度によって一定限度までの医療費負担で済むことになりますが、高額であることには変わりなく、自分や家族の場合は、いくらになるのか知っておく必要があります。

そして、その医療費負担をどのように補填することができるのか考え、対策を講じておく必要があります。

医療保険に加入している方であれば、がんの入院や手術にかかる医療費は補填することが可能であると考えられますが、問題は「がんの通院治療」です。

がんの通院治療は、退院から始まることになりますが、定期的な検査や治療、服薬などが年単位で行われることになるため、家計にかかる経済的な負担が大きい点は、意外と疎かにされがちです。

がんの治療は、通院治療にシフトしている現代医療を踏まえますと、この辺まで考えたがんへの備えが必要になってくると考えることができます。

がん保険は、健康状態が良好でなければ加入できない現実がある

がん保険に限ったことではありませんが、生命保険へ加入するにあたり、基本的には健康状態が良好でなければ保険に加入することができない現実があります。

そのため、医師からがんと宣告を受けたからといってがん保険に加入することは当然のことながらできないほか、がんの疑いがあるからといって、がん保険に加入することも現実問題としてできません。

現在では、健康状態に多少の問題があったとしても生命保険に加入することができる「引受基準緩和型保険」や健康状態をそもそも問わない「無選択型保険」と呼ばれるものもありますが、一般の生命保険に比べて保険料負担や保障内容で不利なことは言うまでもありません。

このような理由があることから、がん保険に加入するのであれば、健康状態が良好な内に、保険料負担が軽く、かつ、保障内容がしっかりしている通常のがん保険に加入することが望ましいのは確かです。

がん保険を利用する(保険金や給付金を請求する)可能性を考えてみる

がんは、2人に1人がかかり、3人に1人が、がんによって死亡するとよく言われますが、これをがん保険に置き換えて考えますと、2人に1人が、がん保険を利用するかもしれない現実があるということになります。

確率にして「50%」です。

これは、実に高い数値であると思いますが、読者の皆さんはどのように感じますでしょうか。

まとめ ~がん保険の加入を考えるベストなタイミングとは~

本記事で紹介させていただいた内容から、がん保険の加入を考えるベストなタイミングをまとめてみたいと思います。

  • ライフプランを見直した時やライフイベントがあった時
  • 率直にがん保険の必要性について感じた時(がん保険の価値観に変化が生じた時)
  • がんにかかってしまった場合の経済的なリスクを知った時

これらのタイミングに加え、がん保険は、加入年齢が若い程、保険料負担が軽いことや健康状態が良好な内に加入しておくことが望ましいことを踏まえますと、少なくとも、できる限り早い内に加入しておくべきだと考えることができます。

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 メットライフ生命

メットライフ生命

当サイトランキング2位はメットライフ生命(ガードエックス)です。基本補償が充実しており追加で特約をつけられるので自分に合ったがん保険にカスタマイズすることができます。


資料請求