がん保険は男性、女性で何歳から入った方がいい?

がんは、性別や年齢によって、かかりやすい体の部位が異なる特徴があるほか、1人ひとりにおける毎日の生活習慣などによっても、がんにかかる確率が大きく左右される現代病になります。

一般に、がんは2人に1人がかかると言われ、その内、3人に1人が、がんで命を落とすと言われる現代において、がん保険に加入することで、もしもの時の備えについて検討されている方も多いと思います。

実際に、国立がん研究センターが公開している「最新がん統計」を見ますと、性別や年齢によって、がんにかかる確率に顕著な特徴が見られるほか、性別や年齢によって、かかりやすい体の部位にも特徴が見られることが確認できました。

このような統計結果を踏まえますと、男性と女性では、がん保険に適した加入年齢が異なると考えることもできますが、本記事では、国立がん研究センターが公開している「最新がん統計」を下に、男性と女性におけるがん保険の加入適正年齢について合理的に解説を進めていきます。

すべてのがんにかかる可能性を性別と年齢から確認してみます

はじめに、すべてのがんにおける罹患率と年齢の変化について、男女別に以下のグラフからその特徴を確認していきます。


国立がん研究センター グラフデータベースを参考に筆者シミュレーション

「罹患率(りかんりつ)」とは、大まかに説明すると、がんにかかった確率を指しますが、男性の場合、30代前半から徐々に罹患率が上昇しはじめ、60代になると急激に上昇していることが分かります。

つまり、男性の場合は、60代以降になるとがんになってしまう確率が高いといった見方になります。

あくまでも、がん保険に加入してがんに対する備えを確保するためには、「年齢が若く早い内から加入しておくことが望ましい」のですが、上記グラフの統計から考えますと、男性の場合、がんの罹患率が上昇し始める「30代前半前」をがん保険加入の1つの目安として考えるのが合理的であると思われます。


国立がん研究センター グラフデータベースを参考に筆者シミュレーション

女性の場合、男性に比べて年齢によるがんの罹患率はなだらかですが、20代前半からがんの罹患率が徐々に増加傾向にある点は大きな特徴と言えます。

これは、いわゆる、乳がんや子宮がんなどといった女性特有のがんが「若い年齢で発症しやすい」といった統計データの結果が顕著に表れていることを意味しており、特に女性の場合は、がんに対する備えとして、年齢が若く早い内からがん保険に加入しておくことが望ましいと言えるでしょう。

以下、参考として女性特有のがんについて、シミュレーションしたグラフを掲載させていただきますので、1つの目安とされることをおすすめ致します。


国立がん研究センター グラフデータベースを参考に筆者シミュレーション

若い世代の女性におけるがんの罹患率は、決して高くはありませんが、あくまでも若い内からがんに罹患する可能性があることを踏まえますと、10代からがん保険に加入するといった早期の対策も的をえている考え方であると思います。

世帯のライフイベントにあてはめて考えても早期のがん保険への加入は合理的

がん保険は、男女を問わず、年齢が若い内に加入しておくことが望ましいのですが、「結婚」や「出産」といったライフイベントを経て生命保険に初めて加入する方も少なくありません。

生命保険は、万が一の事態に家族がお金のことで路頭に迷わないようにするためのリスク回避対策でありますので、このようなライフイベントのタイミングで生命保険の一種であるがん保険に加入することは「良いタイミング」であると言えます。

通常、がんの治療には、「大きな医療費負担」と「長い治療期間」のいずれも要することになるため、仮に若くして家族の誰かが、がんになってしまった場合、世帯全員の人生が脅かされてしまう原因にもなります。

確率は低いとはいえ、このような最悪の事態が起こってしまった時に、早期のがん保険への加入は、将来における世帯全員の人生を守る上でも重要な対策方法であり、がんに対する備えとして合理的な方法であると考えられます。

がんによる死亡率と年齢の変化について

これまでは、がんにおける罹患率と年齢の変化より、がん保険加入の適正年齢を男女別に解説を進めてきましたが、本記事の最後に、がんによる死亡率と年齢の変化から男女別に考えられることについて解説を進めていきたいと思います。

引用:最新がん統計 4)がん罹患率~年齢による変化

上記グラフより、男性や女性といった性別に関係なく、年齢が若ければ、がんにかかって死亡する確率が極めて低いものの、男女とも50代を超えたあたりから徐々にがんによって死亡する確率が増していき、60代を過ぎますと、特に男性のがんによる死亡率が大幅に高くなっていることが読み取れます。

男女といった性別を問わず、年齢を重ねれば重ねる程、がんによる死亡率が高くなることが分かりますが、通常、がんで亡くなる前には、入院、手術、通院などといった流れを経ることを踏まえますと、基本的に収入が低い高齢者にとってみますと、がんの治療費は大きな負担になることは確かです。

このような場合に、がん保険の保障は、入院や通院による保障が「無制限」であることが多く、がん治療の保障に特化した生命保険であるため、自分や周りの家族に経済的負担をかけないようにするための対策方法になることも視野に入れておきたいものです。

まとめ

がん保険は、男性や女性といった性別に関わることなく年齢が若い内から加入しておくことが望ましいのは確かです。

ただし、国立がん研究センターが公開している統計を根拠としてがん保険に加入するのであれば、男性は「30歳前半前」、女性は「10代」であれば、それぞれの性別におけるがんの罹患率が上昇する前にがんの備えを確保できることになるため、ロスが少なく合理的と考えることもできるでしょう。

がん統計データは、年ベースで変化することや、がんにいつかかるのか誰にも分からないことを踏まえますと、やはり、性別に関わることなく年齢が若い内から加入しておくことが最も望ましい結論に至ります。

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 オリックス生命

当サイトランキング2位はオリックス生命(Believe ビリーブ)です。入院するたびにおりる治療給付金や、特約はがん先進医療特約とがん通院給付金の2つのシンプル設計もわかりやすくて好評です。


資料請求