FP 北西 則子

職業・氏名

FP 北西 則子

北西 則子プロフィール

ファイナンシャル・プランナー

Life Replanninng FP Office One Heart 代表

1981年関西外国語短期大学卒業。

1981年神戸開催ポートピア博覧会コンパニオン就任後、結婚。

1987年4歳・8ヵ月の娘を抱え離婚、シングルマザーとなる。

離婚、仕事と子育ての両立、自身のキャリアアップ経験から女性と子どもが幸せになる社会の実現のために起業を決意し2016年9月Life Replanning FP Office One Heartを開業。

女性のための「こころ」「お金」「健康」をテーマに幸せで豊かな人生を送るサポートとしてセミナー開催・個別相談を中心に活動。

兵庫県男女共同参画推進員 神戸地区会議「ドマソーラ神戸」副代表

NPO法人出会い(認知症とその家族をサポート)理事

資格

  • ファイナンシャル・プランナー(日本FP協会認定AFP)
  • 2級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 全国NIE.E指導委員会講師(日経新聞による経済教育講師)
  • 日本商工会議所主催 簿記検定1級、珠算検定2級
  • 文部科学省後援秘書技能検定2級
  • 中学校教諭(英語)免許
  • ワークライフバランスコンサルタント
  • クラウドファンディング2級アカデミーコンサルタント
  • 管理業務主任者
  • 防火管理者
  • 着物着付講師
  • パステル(和 なごみ)アート正インストラクター

経歴

1987年離婚を機に専業主婦から社会復帰、総務・人事・経理事務、学校事務、生涯学習講座の企画・運営業務、留学生支援、分譲マンション管理業務、建築物・設備維持管理業務、管理員育成指導等を歴任し独立系FPオフィス開業に至る。

がん保険を選ぶ方へのアドバイス

がん保険は「がん診断給付金」「入院給付金」「手術給付金」の3つの保障で構成され、 診断給付金の金額や支払い回数は各会社により異なります。

現在のがん治療は、多様化してきており、 免疫治療や陽子線治療等の健康保険外の高度治療をする場合や、入院・手術をしないケースも増えてき ている為、がん保険に加入する際には、加入者の ライフスタイルや価値観に応じた治療方法が選べる保険を吟味する必要があります。

通院での治療に備え、がん通院給給付金を用意 する会社が増えています。

最近の医療保険では、がんによる入院は日数無制 限で保証するタイプが主流傾向にあり、がん保険に求める保障は、治療費収入の保障を重視した選択をお勧めします。

また、住宅購入時の住宅ローン締結に際しては、 がんや三大疾病の特約付きの団体信用生命保険を選択しておけば、万一の場合に住宅を手放す事なく治療に専念できる為、がんの備えの選択肢の一つとして大切です。

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 オリックス生命

当サイトランキング2位はオリックス生命(Believe ビリーブ)です。入院するたびにおりる治療給付金や、特約はがん先進医療特約とがん通院給付金の2つのシンプル設計もわかりやすくて好評です。


資料請求