FPが解説!FWD富士生命「がんベスト・ゴールドα」

  • 執筆者
  • 40代・50代女性のためのお金の相談室
  • FP 三原 由紀

がん保険を検討している人にとって、どのがん保険が自分にとっていいのか?悩むことも多いかと思います。

それもそのはずで、各社がん保険の保障内容は微妙に違い単純比較できないことや、医療技術の進歩とともにがんの治療が変化しており、がんの種類や進行度によりオーダーメイド治療になりつつあるので、自分にとって使えるがん保険をどう選べばいいのか分からない、など悩むところではないでしょうか。

そんな中で、がん保険FPガイドの「FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキング」で、FWD富士生命「がんベスト・ゴールドα」が3位にランクインしました。

支持されるポイント

「がんベスト・ゴールドα」が、お金の専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)に支持されるポイントをみていきましょう。

シンプルな保障内容

何と言っても主契約が診断給付金のみというシンプルな保障内容が支持されるポイントです。

というのも医療の進歩によりがんの治療法も多様化していることから、がん保険の保障内容も細分化しており、いざという時に余り役に立たない不安要素があります。

特に、昔のがん保険は、入院を支払条件とした診断給付金・手術給付金・入院給付金が主な保障なので、通院を軸とした今のがん治療では使えない保険になっている可能性があります。

つまり将来のがん治療がどうなるのか分からない現時点で、今の治療に則した保障を準備しても将来に向けて不安要素は残るということです。

「がんベスト・ゴールドα」は、がんと確定診断された時点で給付されるので、医療の進歩により治療内容が変化しても給付については左右されない、そんなわかりやすい保障が支持されています。

また、診断給付金以外の充実した保障が欲しい人には、特約でオプション保障を付けることができるので、合理的です。

保障の仕組みをまとめました。

区分 名称 給付金 悪性新生物の給付 上皮内新生物の給付 保障内容
主契約 無解約返戻金型悪性新生物療養保険(2017) 悪性新生物診断給付金 50~300万円
(10万円単位)
■回数無制限(2年に1回)
特則 悪性新生物診断給付金割増給付特則 悪性新生物診断割増給付金 Ⅰ型・Ⅱ型
■回数無制限(2年に1回)
特約 悪性新生物診断給付金特約(2017) 悪性新生物初回診断一時金 50~250万円
(10万円単位)
■1回
上皮内新生物診断給付金特約(2017) 上皮内新生物診断給付金 10~100万円
(10万円単位)
■回数無制限(2年に1回)
がん先進医療特約(2017)
  • がん先進医療給付金
  • がん先進医療一時金
通算2,000万円
※一時金は10%
がん治療給付金特約(2017)
  • 抗がん剤治療給付金
  • がん放射線治療給付金
5〜30万円
(5万円単位)
■回数無制限(同一月に1回)
がん疼痛ケア給付金特約(2017) がん疼痛ケア給付金 5〜30万円
(5万円単位)
■通算12回(同一月に1回)
女性がんケア特約(2017)
  • 女性がん手術給付金
  • 乳房再建術給付金
10〜30万円
(10万円単位)
■片側乳房につき1回など条件有
がん手術特約(2017) がん手術給付金 10〜30万円
(10万円単位)
■回数無制限

出典:FWD富士生命「がんベスト・ゴールドα」を元に筆者が作成

長期治療・再発に対応

初めてがんと診断された時に、基本保障の診断給付金で最大300万円まで、特約を付加できるので、長引く治療でかさむ医療費や治療に伴う交通費やサプリメント代などの購入やがん罹患による一時的収入減に備えることが可能です。

また、診断給付金は2年に1回を無制限に受け取ることが可能なことから治療の長期化や再発した場合に役立ちます。

保険料払込免除が基本保障

初めて悪性新生物と診断確定後の保険料の支払いが免除されます。がんに罹った後に保険料の支払いを続けるのは、心理的な不安や経済的にも負担になることでしょう。

保険料を支払うことなく保障が継続するのであれば、安心して治療に専念することができます。他のがん保険では、保険料払込免除は特約になっているものもあり、基本保障にあるのは心強いです。

特則とは?

気になるのが、前掲の表にある「特則」です。

主契約(または特約)の保障内容をさらに充実させるためのものを「特則」としている場合が多く、契約時にのみ付加、契約途中での付加はできないが外すことはできる特別ルールの保障です。

似ている用語でよく目にする「特約」は、契約の申込時に付加、あるいは契約途中に付加や外すことができるオプションの保障で、特則とは異なります。

特則は、保険商品によって使い方が違うこともあるので、契約のしおりや重要事項説明書などで内容を確認しておきましょう。

悪性新生物診断給付金割増給付特則

「がんベスト・ゴールドα」の悪性新生物診断給付金割増給付特則を付加すると、主契約である悪性新生物診断給付金の2回目以降の受け取りに合わせて悪性新生物診断割増給付金を受け取ることができます。

主契約の給付金額に給付倍率を乗じた以下の2種類があります。

給付倍率の型 給付倍率 悪性新生物診断割増給付金の支払額 悪性新生物診断割増給付金の支払額
悪性新生物診断給付金が200万円の場合 悪性新生物診断給付金が300万円の場合
Ⅰ型 1倍 200万円 300万円
Ⅱ型 2倍 400万円 —(申込不可)

出典:FWD富士生命「がんベスト・ゴールドα」を元に筆者が作成

この特則は、契約時にのみ給付倍率を選択して付加することができます。契約途中での付加や給付倍率の型の変更はできませんが、契約途中で外すことはできます。

がん治療の長期化やそれに伴う生活保障を考えたい人には、まとまった金額を受け取ることができる特則です。

気をつけたいポイント

以上、支持されるポイントや特徴をみてきましたが、次に注意してほしいポイントについてまとめました。

基本保障で上皮内新生物は対象外

上皮内新生物といわれるいわゆる初期のがんについては保障対象外になります。

他のがん保険で、上皮内新生物を基本保障しているものもあるので、上皮内新生物の保障が欲しい人は特約付加が必要となり注意が必要です。

同時に付加できない特則と特約がある

悪性新生物診断給付金割増給付特則と悪性新生物初回診断一時金特約(2017)を同時に付加することはできません。

また、前述の特則が付加されている場合、悪性新生物初回診断一時金特約(2017)を中途付加することはできません。

分かりやすく説明すると、初回の診断給付金額を手厚くするのか、2回目以降の回数無制限(2年に1回)の診断給付金額を手厚くするのか、どちらか選択する必要があります。

オーダーメイド感覚で保障を選べるが、逆に選択に迷うことも

基本保障が診断給付金のみのシンプルさが支持されるポイントであり金額も50万円から300万円まで10万円単位で選択可能なので、ほぼオーダーメイド感覚に近い保障を選択することが可能です。

しかし、何でも選べることは、何をどう選べばいいのか分からない、という逆の面もあります。積極的に選べない人のために3つのプランの用意があります。

  シンプルプラン ベーシックプラン プレミアムプラン
月払保険料(40歳) 男性:2,977円
女性:2,432円
男性:4,070円
女性:3,366円
男性:10,908円
女性:8,808円
悪性新生物診断給付金 100万円 100万円 300万円
悪性新生物診断割増給付金 100万円
(I型)
300万円
(I型)

出典:FWD富士生命「がんベスト・ゴールドα」を元に筆者が作成

筆者としては、上記プランに先進医療特約の付加をおすすめします。

通算2,000万円までの先進医療の技術料を40歳・男女の月額保険料約120円でカバーできるメリットは活用したいところです。

まとめ

「がんベスト・ゴールドα」がFPに支持されるポイントは、基本保障が悪性新生物診断給付金のみというシンプルな保障内容にあります。

また、保険料払込免除が基本保障内であるのも納得できるポイントです。より充実した保障を求める人には、最新のがん治療に則した特約の用意があるので安心です。

どの保障が必要か選択できる人にはオーダーメイド感覚で選べるところもメリットですが、その反面自分で保障を選択できないという人にも3つの保障プランの用意があるので安心できます。

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 オリックス生命

当サイトランキング2位はオリックス生命(Believe ビリーブ)です。入院するたびにおりる治療給付金や、特約はがん先進医療特約とがん通院給付金の2つのシンプル設計もわかりやすくて好評です。


資料請求