がん保険を選ぶ上で診断給付金(一時金)・入院給付金・通院給付金、不要なものはどれ?

がん保険の保障には、一時金が支給される「診断給付金」をはじめ、「入院給付金」や「通院給付金」など、様々な種類の給付金があります。

また、がん保険を取り扱っている保険会社によって、保障内容が異なる場合もあることから、がん保険を選ぶ上で保険会社やどのような保障が必要なのかについて迷う方も少なくないと思います。

昨今では、がん保険の保障を自分自身で選んで加入できるタイプのものまで登場し、がん保険への加入をこれから検討している皆さまからすると、どの保障が必要で、どの保障が不要なのか、ますます迷ってしまうのではないでしょうか?

そこで本記事では、このようなことを踏まえまして、がん保険の保障のメインと言っても過言ではない「診断給付金」「入院給付金」「通院給付金」の3つの保障に絞って、これらの保障は、そもそも不要な保障であるかどうかについて考えていきたいと思います。

「診断給付金」「入院給付金」「通院給付金」の保障内容を確認していこう

はじめに、「診断給付金」「入院給付金」「通院給付金」が、どのような保障なのかについて確認していきましょう。

給付金(保険会社によって名称が異なる) 保障内容(給付される場合)
がん診断給付金 初めてがんと医師から診断された時に受け取ることができる給付金
がん入院給付金 がんの治療を目的として入院した時に入院日数に応じて受け取ることができる給付金
がん通院給付金 がんの治療を目的として、保険会社が定めている約款における所定の通院をした時に通院日数に応じて受け取ることができる給付金

オリックス生命保険 商品詳細(がん保険ビリーブ)を参考に筆者作成

それぞれの保障内容を確認できたところで、これら3つの保障が、はたして本当に必要な保障なのか不要な保障なのかについて次項で個別に考えていきたいと思います。

診断給付金は、必要?不要?

診断給付金は、初めてがんと医師から診断された時に受け取ることができる給付金で一時金として支給され、その金額は、がん保険の契約によって異なります。

一般に、50万円から300万円くらいの範囲内で診断給付金の契約をしている場合が多いと思われますが、一時金として受け取ることができる診断給付金は、非常に重宝される保障であることは確かであると思います。

通常、がんにかかりますと、収入が低下してしまうだけでなく、医療費などに多くのお金が費やされることになりますので、毎月の生活費のほかにかかる家計負担が多くなると考えられます。

仮に、一家の大黒柱である方が、現役中にがんにかかってしまいますと、家計が苦しくなるだけなく、住宅ローンの返済などといった大きな支出が重なりますと、貯蓄も急激な勢いで減少し底をついてしまうことも十分予測できます。

このように、先のことを考えた時に様々な事に対して充当することができるお金であることから、診断給付金は、できる限り付加しておくことがベストな選択肢であると思います。

入院給付金は、必要?不要?

入院給付金が必要か不要かを考える前に、厚生労働省が公開している「平成26年(2014)患者調査の概況」より「退院患者の平均在院日数等」の推移について確認していきましょう。

出典 厚生労働省 平成26年(2014)患者調査の概況 3 退院患者の平均在院日数等より引用

着目する点としては、「年々入院する日数が少なくなっている」ということのみで結構です。

仮に、医療保険に加入している場合でがん保険の入院給付金も付加されている場合、保障が重複してしまうことになるため、入院給付金は多く支給されるのは確かであるものの、その分、月々の保険料は余計に支払っていると考えることもできるでしょう。

この辺の保障のバランスを考慮した保険設計は、必要だと考えられるほか、たとえば、医療保険とがん保険の入院給付金を確認し、重複が解消できるようであれば、最低限必要な分だけにするなどの対策も必要になると思います。

入院給付金を考える上では、保障金額を考えることも重要ですが、高額療養費制度について考えることも必要不可欠になりますので、この辺を確実にアドバイスできる専門家へ相談するように心掛けたいものです。

結論として、がん保険の入院給付金は、基本的に必要ではありますが、医療保険との兼ね合いを考慮した上で、過剰な加入は厳禁であると判断します。

通院給付金は、必要?不要?

先に「年々入院する日数が少なくなっている」と紹介しましたが、がんの治療におきましては、「入院日数が少なくなり、通院日数が長くなっている」という現状があります。

つまり、一昔前の生命保険のように、入院のみ保障がされ、通院には保障が対応していない生命保険や入院の保障が異常に長いような生命保険は、現在の保障ニーズからは程遠くなっていると考えることができます。

このような現状や今後のことを考えますと、がん保険の「通院給付金は絶対に必要なものである」と思います。

がん保険の通院給付金は、無制限で保障する場合が多いのですが、がんは退院した後に治療が一段落するまでの間に「年単位」で時間を要することを踏まえますと、この間、がんの治療に通院でかかった医療費を保障してくれる点は、家計にとって非常にプラスであると考えることができます。

まとめ

がん保険の保障である「診断給付金」「入院給付金」「通院給付金」は、いずれも必要なものであり、不要な保障というものはないと私は思います。

ただし、お客様1人ひとりの状況は、すべて違うものである以上、一括りに「診断給付金」「入院給付金」「通院給付金」は、いずれも必要なものと結論付けるのも正しい判断とは言い切れない部分があることも確かです。

そのため、がん保険を選ぶ上で大切なことは、保障選びや保険会社選びはもちろんですが、自分の状況を確実に把握した上で、最も適切ながん保険を導いてくれる専門家を探すことであるとも思います。

がん保険1つ選ぶのにおいても、収入や将来の推移いった全体的な部分を検討し正しく導いてくれる身近な専門家がいることによって、自ずと無駄のない本人にとって最適ながん保険を選ぶことができるでしょう。

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 オリックス生命

当サイトランキング2位はオリックス生命(Believe ビリーブ)です。入院するたびにおりる治療給付金や、特約はがん先進医療特約とがん通院給付金の2つのシンプル設計もわかりやすくて好評です。


資料請求