がん保険と医療保険は両方に加入する必要性はある?不要?

医療保険に加入していれば、がん保険には加入しなくても高額療養費制度で費用面はカバーできるでしょうか?

がんの治療は目まぐるしく進歩していて保険制度が追い付いていないのが現状です。

医療保険で医療費をカバーしきれるかどうかが、がん保険も両方必要かどうかの判断の分かれ目になります。

医療保険の保障内容とは?

面白いことにほとんどの医療保険の単位は入院日額が基準になります。例えば手術給付金なども入院日額の何倍という表現で規定されています。そのため、古い医療保険の中には通院給付金が付いていないケースが圧倒的に多いです。

通院給付金がついていても入院給付金が日額5000円なら通院給付金は日額3000円と入院給付金よりも通院給付金の方が少額なことが多いです。

現代の医療とは?

現在の医療体制はなるべく早期に退院して、入院日数を減らす方向で医療改革が進められています。

医療が進歩しているので、昔なら大手術の後長期の療養が必要だった病気も簡単な手術と短期間の入院で治ることが多くなりました。

その例の1つに初期の胃がんが挙げられます。内視鏡手術で開腹せずに手術するので体への負担が少ないため、回復も早いからです。

現代のがん治療の実際のところ

がんの治療は「手術(外科治療)」「薬物療法(抗がん剤治療)」「放射線治療」の3つが、がんの3大治療と言われています。

各治療を単独で行うこともありますが、複数の治療方法を組み合せて効果的な治療につなげることを試みることが多いです。

特に薬物療法や放射線治療は他の治療と組み合わせることが多いだけでなく、体への負担もかなり配慮できるようになり手術第一主義だった一昔前と違って、普通に生活しながら通院して治療することも容体によっては可能になってきています。

多くのがん患者の方が自宅で生活して、通院しながらの治療を行っています。

日本人の死因のトップが「がん」

日本人の死因の3割を占め、死因トップが「がん」です。

 

引用元:公益財団法人 日本対がん協会 「がんの動向

一生でがんになるのは2人に1人

生涯でがんになる確率は、男性が63%、女性が47%と2人に1人は生涯に1度はがんになる一般的な病気ともいえます。

引用元:国立がん研究センター がん情報サービス 統計 最新がん統計のページ

がんになるリスクが高いので、医療保険でカバーしきれない高額な自由診療や先進治療などがんの治療費のためにがん保険で備えておくことは決して無駄とは言えません。

がんになった時にがん保険に入っているために「経済的な心配はしなくて良い」という安心感を持って治療に専念できることは治療の上で大変重要なポイントです。

がんと高額療養費制度

がんの治療は保険診療では間に合わないことが近年多々あります。

特に有名なものは先進医療と呼ばれる重粒子線治療など1回に300万円ほどかかる治療法が効果的な場合もあります。仮に将来、保険診療になって3割負担になっても1回90万円です。

その他、抗がん剤や抗がん剤の副作用を抑える治療薬も高価で保険診療の範囲であっても、月額にして何十万円という支払になることがあります。

保険診療であれば高額療養費制度を使って、月額の負担額の上限がある程度の範囲に収まるようになっています。

 

引用元:厚生労働省 高額療養費制度を利用される皆さまへ

月額何十万も薬代だけでかかるのに比べれば安いと思われるかもしれませんが、これが当初2ヶ月は支払わなければならない上限金額です。

がんの治療が長期化した際の高額療養費制度

高額療養費制度の上限額は、3カ月目からは下表のように下がります。

 

引用元:厚生労働省 高額療養費制度を利用される皆さまへ

がんの治療は手術して病巣を切除して終りという簡単に済むケースもありますが、中には、転移の可能性がある場合や、転移しやすいがんのために転移防止のために抗がん剤治療を続けるケースも多いです。

生活の質を考えると入院生活よりは良いかもしれませんが、再発・転移防止のために1年、2年と抗がん剤を飲み続けるのは家計に負担になるのは否めません。

実際の医療費負担よりも安いとはいえ月額4万4000円や9万3000円の支出が固定費で出費されるのは家計には負担です。

がんの治療が長期化する場合多くが通院治療になります。通院保障のある医療保険やがん保険で通院保障を確保しておくのが安心です。

がん保険の中でも注目したい診断一時金と通院保障

私ががん保険をお勧めするのは診断一時金がおりる制度ががん患者にとっては利用しやすいからです。

がんそのものは手術で無事に摘出して完治したとしても、その代償として、人工肛門になったり、除去した乳房再建のためにお金を使える点は、医療保険ではカバーしきれないジャンルの支出にも使用可能というメリットがあります。

再発や転移のことを考えると尚更、がん保険の必要性は考えたいところです。がん保険にもよりますが、がんと診断されたときの診断一時金が何度も請求できるがん保険もあります。

診断一時金を何度も請求できると言っても、その間隔には一定の制限があるのが一般的です。

診断一時金が無かったり、一度しか下りないがん保険もありますが、そういう中途半端な保障のがん保険なら加入しない方が良いです。加えて、長い通院治療のために備えて、通院保障も手厚いものが良いでしょう。

まとめ

診断一時金が無制限で保障されているがん保険はそれなりに保険料が高いです。

割高になる保険料を負担しても保障の確保が必要なのは、祖父母や両親や兄弟にがんの多いがん家系の方です。

個別のがんの部位によっては家族歴よりも生活習慣などの方が因果関係が深いがんもありますが、がん患者の多い家系があるのは事実です。

がんになるリスクが高いがん家系の方は診断一時金が無制限の保障のがん保険と医療保険の両方に加入が必要です。

逆にそうでない方には、がん保険に加入しても役に立つ可能性が少ないので、がん保険は不要です。

がん保険に加入しない分の保険料を払ったつもりで通院保障も手厚い医療保険に加入することで、他の疾病にも応用が効きます。

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 オリックス生命

当サイトランキング2位はオリックス生命(Believe ビリーブ)です。入院するたびにおりる治療給付金や、特約はがん先進医療特約とがん通院給付金の2つのシンプル設計もわかりやすくて好評です。


資料請求