緩和型がん保険の特徴とメリット・デメリット

日本人が生涯でがんに罹患する確率は、男性62%、女性46%です(下参照)。

また、芸能人や、その配偶者ががんに罹ったニュースが報じられることがありますので、がんへの関心は高いのではないでしょうか?私たち日本人にとって、がんはまさに国民病です。

  がん罹患率 がんで死亡する確率
男性 62% 25%
女性 46% 16%

引用元:国立がん研究センターがん情報サービス

そんな中、一度がんにかかったら保険には入れないと思われる方も多いのではないでしょうか?

しかしがん保険の中には「緩和型がん保険」というものがあり、加入条件を緩和させ、一度がんになったとしても一定条件に元、加入できるがん保険もあるのです。

今回はがん治療の現状と、緩和型保険のメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

がんは治る病気です。

がんは、かつては「不治の病」として恐れられてきました。しかし、表をご覧頂くと「がん罹患率」に比べ、「がんで死亡する確率」の方が低いことが分かります。

がんに罹患した人も、がんを克服し、最期は別の理由(病気やケガ)で亡くなっていると考えられます。

がんは、昭和56年以後、今に至るまで日本人の死亡原因の1位を占めています(「主な死因別にみた死亡率(人口10万人対)の年次別推移」を参照)。

また、日本人の平均寿命は着実に伸びており、今後も伸び続けることが想定されています(「平均寿命の推移」を参照)。 つまり、がんは克服可能、がんは治る病気なのです。

引用元:平成27 年人口動態統計月報年計(概数)の概況・平均寿命の推移(引用元 内閣府資料

がんは再発と転移を繰り返す可能性も

しかし、がんは再発と転移を繰り返す可能性のある病気でもあるのです。

例えば、乳がん

乳がんは、治療を終えた後、3年までに再発することが多いのですが、5から10年を経過して再発することもあります。

また、乳がんは遠隔転移して、転移性乳がんになることがあります。

乳がんが肺に転移した場合、肺がんとは異なり、患部が肺であるにも関わらず、乳がんの性質を有する「乳がんの肺転移」となります。

また、乳がんが再発して、再発乳がんになることもあります。再発乳がんの中でも、手術したところだけに再発する局所再発することもあります。

医療保険に比べると低い、がん保険の加入率

ところで、『平成27年度生命保険に関する全国実態調査〈速報版〉』(引用元 生命保険文化センター)によると、「医療保険・医療特約の世帯加入率は91.7%」なのに対し、「ガン保険・ガン特約の世帯加入率は60.7%」と、医療保険に比べると、がん保険の世帯加入率は3分の2に過ぎません。

筆者は、先日、「3カ月前に、がんの手術を受けた」という方にお会いしましたが、その方は開口一番「まさか、自分ががんになるとは思わなかった。

がん保険に入っていれば良かった」と言っていました。そして「今からは、もう、がん保険の加入は絶対無理ですよね?」と尋ねられました。

「日本人にとっての国民病のがん」ですが、がん保険の加入という点では、まだまだのようです。

先述の通り、民間の医療保険に比べると、がん保険の加入率は低いです。

がん保険を契約すること無く、がんに罹患して克服したものの、がん保険の必要性を実感する方が多いようです。

あるいは、がん保険に契約している方が、がんに罹患して克服した後、がん保険の見直したいと思うことがあるようです。

例えば、契約済みのがん保険が「がんによる入院治療を保障する」商品の場合。最近の、がんの治療は入院日数が短くなり、外来による治療も行われる傾向があるからです。

緩和型のがん保険

がんに罹患してからでは、やはり、新たに、がん保険を契約することはできません。また、がんを克服し治療を終えたとしても、がん保険を契約することは難しいようです。

しかし、がんの治療を終えてから一定の期間が経過する等、条件を満たしていれば、経過観察中でも、加入を検討することができる「緩和型のがん保険」があります。

緩和型がん保険のデメリットは保障が薄く保険料が割高なこと!

下の表は、「がん保険」と「緩和型のがん保険」の保障内容と保険料の比較です。

保障内容と保障額については、パッと見、大きな違いは無さそうですが。「緩和型のがん保険」には診断一時金が無く、抗がん剤治療給付金の額は半分です。

そして、保険料額の方は(がん保険に比べると)「緩和型のがん保険」の方が、1.5~1.6倍くらい高いですね。

    がん保険 緩和型がん保険
保障内容と保障額

診断一時金

100万円 無し
入院給付金 10,000円 10,000円
通院給付金 10,000円 10,000円
手術給付金 20万円 20万円
放射線治療給付金 20万円 20万円
抗がん剤治療給付金 10万円 5万円
保険料 40歳 男性 4,310円 6,855円
40歳 女性 4,610円 7,080円

引用元 がん保険(アフラック)緩和型がん保険(アフラック)

転移がんは治療方法の選択肢が絞られる?保険は無意味?

先述の通り、「がん保険」に比べ「緩和型のがん保険」は保険料が割高な上に、診断一時金がありません。これをデメリットと考える方も多いでしょう。

また、再発や転移に備えるとは言っても、転移がんが見つかれば、原発がん(=ここで「原発」とは、最初にできる「がん」のこと。

原子力発電所とは一切、関係ありません)を取り除くための手術は出来ないのが一般的で、抗がん剤治療か放射線治療に選択肢が絞られてきます。

そして、転移が、もし遠隔転移(子宮がんから肺に転移するなど、原発がんから離れた臓器などに転移する)ですと、全身への転移を疑われる場合もあり、治療の選択肢は抗がん剤に絞られる可能性もあります。

治療方法の選択肢が絞られてしまうのなら「保険という商品で保障を備えても無意味なのでは」という結論になってしまいそうです。

医療は進歩しますし、治療の目的は根治だけではない?

がんの闘病日記とも思われる個人のブログを拝見していると「転移がんがあっても原発がんを取り除く手術を受けることができた」という記事がありました。

医療、特に、がんの治療の進歩は目覚ましいものがあります。今は「手術や放射線治療ができない」としても、将来は治療の選択肢になり得る、つまり、治療の選択肢が広がる可能性があります。

また、がんは「治す」ことを目的とした治療だけではありません。

「痛みを取り除く」ことを目的とした「緩和治療」や、「1日でも長く生きることができる」ようにする「延命治療」もあります。

「緩和型のがん保険」は「緩和治療」や「延命治療」のための入院や外来、そして往診(=訪問医療)も保障の対象になっています。

緩和型のがん保険メリット

がんを克服した方だからこそ、がん治療による経済的な、そして精神的な負担は、よくご存知です。そして、医療の進歩と共に、将来は治療の選択肢が広がる可能性があります。

一度、感じた経済的な負担を再び、というのは、再発と転移が見つかったショックに、さらに打撃ですね。

再発や転移が無いのが一番ですが、その可能性があり、そして、それが現実化した時の経済的な負担が多少なりとも(一度、経験しているゆえ)想像できるのでしたら、緩和型のがん保険はメリットが大きいのではないでしょうか?

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 オリックス生命

当サイトランキング2位はオリックス生命(Believe ビリーブ)です。入院するたびにおりる治療給付金や、特約はがん先進医療特約とがん通院給付金の2つのシンプル設計もわかりやすくて好評です。


資料請求