がん保険申し込み時の告知内容ってどんなもの?

がん保険に限らず、保険に加入するには「告知書」という書類に記入して保険会社に提出する必要があります。

告知書の記載によっては保険の審査が通らない事もある大事な書類です。がん保険の場合どんな項目があるか見てみましょう。

必ず聞かれるがん罹患歴

どのがん保険の告知書にもある項目が「がんになったことがありますか?」という質問です。

がんと言っても、範囲が広い病気なので細かくどんな病気が含まれるか、各社記載があります。詳細な点については保険会社によって異なります。会社によっては上皮内新生物もがん同様の扱いになっている告知書もあります。

上皮内新生物とは、変異した細胞のかたまりが組織のごく上部の薄い層にとどまっている状態です。がん化することが多いので、がん保険の中には保障の対象にしている保険もあります。

最近3カ月以内の疾病

「直近3カ月以内に病気で医師を受診したり、検査や治療・投薬など受けた事がある」という設問がほとんどのがん保険にあります。この設問ではケガの治療は問わないことになるのが一般的です。

すべての病気が対象ではありません

医師の診察を受けていたとしても、風邪や、ケガなどは対象外になります。各保険会社で指定された病気や症状が告知の対象です。

つまり、病名が確定していなくても、がんが疑われるような症状がある場合は要注意となります。

保険会社によっては「入院・手術を勧められたか」が設問になっています。

もし、3カ月以内に手術や入院を勧められても現状で完治しているのであれば問題はありませんが、「何も対応していない」場合や「入院中」という場合はがん保険に加入する事は難しいです。

最近3カ月以内の一定の病気の疑いのある症状や病気

以下のような病気の治療中・検査中・経過観察中ですか?という設問があります。多くは以下の疾病や状態を指しています。

  • がん
  • 上皮内新生物
  • 異形成
  • 白板病
  • 多発性ポリープ
  • 病理検査や細胞診での異常
  • 腫瘍マーカーの異常
  • B型肝炎キャリア
  • C型肝炎キャリア

異形成とは?

通常の細胞と異なる細胞に変異して将来がん化する恐れがある状態の細胞のかたまりをこう呼びます。

白板病とは?

口腔内に白い出来物が出来ている状態です。そのまま経過するケースもありますが一部はがん化する恐れがあります。

多発性ポリープとは?

よく健康診断の内視鏡検査などで発見される病状です。がん化するおそれがあるのでがん保険に加入するのは難しいと言えます。

過去2年以内に健康診断や人間ドックを受けて検査結果に特定の異常が指摘されたままになっている

健康診断や人間ドックの検査結果も重視されます。検査結果を黙っていてもがん保険に加入することは可能ですが、いざがんになった時に実は健康診断や人間ドックを受けていたということがわかると、保険金や給付金が貰えない可能性が出てきます。

保険会社はその時点で本当に健康診断や人間ドックを行っているかどうか確認することが出来るためです。

保険料を払った分だけ損をすることになりますので、是非、告知は正直に行いましょう。

異常があっても再検査や精密検査で異常が無ければ堂々と加入できます。

再検査や精密検査で異常なしとなることはよくあることです。その場合は健康体であることが明らかなので正直に告知してがん保険に加入しましょう。

どんな検査項目がネックになる告知項目でしょうか?

がんのための検査が対象になります。

  • 胸部レントゲン
  • 上部消化管レントゲン
  • 内視鏡検査
  • 胸部超音波検査
  • 便潜血検査
  • マンモグラフィー検査
  • 乳房超音波検査
  • 肝炎ウィルス検査(B型・C型)
  • CT検査
  • MRI検査
  • PET検査
  • 子宮がん検診
  • 乳がん検診
  • 腫瘍(しゅよう)マーカー 等

PET検査とは?

がんに目印になるような点滴を打って胎内の映像をX線やCTスキャン、MRIスキャンなどで読み取るがんのための検査を指します。

X線やCT検査やMRI検査の画像からがんを発見できるようになるのは練習が必要ですが、PET検査では容易に誰でも可視化できるので、ガンの見逃しが少ない検査になります。

腫瘍マーカーとは?

血液検査だけで、しゅようの有無の可能性が検知できる指標です。種類も多く臓器など毎に適不適があります。

また、早期発見には向かない、進行したがんの存在の可能性の高さをしる指標と考えた方が良いでしょう。

この数値だけでガンと診断することは普通ありませんが、検査で数値が高かった場合は再検査や精密検査の必要があります。

どんな症状があるとネックになる告知項目でしょうか?

がんに直接または間接的に関係があるとみなされる症状があるとガン保険への加入は難しいです。

  • 出血(ケガ以外の出血。便潜血、不正不出血、喀血、吐血、下血、血尿)
  • 貧血(鉄欠乏性出血を除く)
  • 黄疸
  • びらん
  • しこり
  • 消化管の潰瘍や狭窄
  • 内臓慢性の炎症  等

告知書の記入日漏れに注意!

告知書は大事な書類です。また告知した日付もガン保険の加入にあたって重要なポイントになります。

告知日の記入漏れがあると書類が戻ってきてしまい、ガン保険への加入が遅れてしまいます。記入漏れの多い箇所でもあるので、記入漏れのないようにしましょう。

告知日と1回目の保険料支払い日が保険の有効期間には重要です。

保険会社がガン保険の保障を開始するのは、告知日と1回目の保険料の支払い日のいずれか遅い方の日付から数えて90日以降からの保障となるのが一般的です。

ただし、保険会社によっては、詳細が異なるのでよく保険会社に確認しましょう。

告知書で喫煙に関する項目はありますか?

喫煙とガンの関係はよくテレビなどでも話題になりますが、一般的にがん保険の告知書では問いません。

喫煙を現在は告知書では問わないですが将来は分かりません。

アンケート形式で告知書の一部分に喫煙に関するアンケートがある保険会社はあります。将来にわたって、喫煙者も問題なくがん保険に加入できる保障はありません。

まとめ

告知書ではがんに罹患歴があるかどうか必ず聞かれます。正直に回答しましょう。

最近3カ月以内の病状について質問があります。正直に回答しましょう。

最近2年程の健康診断・人間ドックの結果について質問されます。是非正直に応えましょう。特に再検査・精密検査の結果異常なしの場合は全く問題がありません。

告知日を忘れずに記入しましょう。

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 メットライフ生命

メットライフ生命

当サイトランキング2位はメットライフ生命(ガードエックス)です。基本補償が充実しており追加で特約をつけられるので自分に合ったがん保険にカスタマイズすることができます。


資料請求