がん保険の待ち期間も保険料は支払い続けるの?

がん保険の特徴を考えた時に真っ先に思い浮かぶ特徴には、「がん保険は、がんのみに特化した生命保険であること」「がん保険には、保障がされない免責期間が必ずあるということ」の2つがあります。

がんの保障のみに特化している生命保険であるということは、当然、がん以外の病気で生命保険金が支払われることはありませんが、がんになってしまった時の保障は、極めて厚い保障になることは言うまでもありません。

では、もう1つの特徴にあたる「がん保険には、保障がされない免責期間が必ずあるということ」は、いったいどのようなことを意味し、私たちにどのような影響を与えるのでしょうか。

本記事では、がん保険の待ち期間に焦点をあてて、基本的な特徴の解説から、支払保険料の取り扱いまで幅広く解説を進めていきます。

がん保険の待ち期間(待機期間)とは

がん保険の待ち期間とは、別に待機期間とも呼ばれ、がん保険の契約をした際の保障がなされない期間のことをいいます。

つまり、がん保険の契約が完了し、第1回目の支払保険料を保険会社へ支払ったとしても、がん保険の待ち期間に、万が一、がんにかかっていることがわかった場合などは、保障が受けられないことを意味します。

待ち期間

チューリッヒ生命 終身ガン治療保険プレミアムDX ガンには保障されない期間があります

上記イメージ図において、待ち期間とは、「不てん補期間90日」の部分にあたり、第1回保険料相当額の支払いとがん保険に加入するために告知書へ現在や過去の身体状態について伝える「告知」がともに完了した日(保険期間の始期)から90日間は、がん保険の保障がなされない、いわゆる免責期間となります。

したがいまして、がん保険の保障が実際に開始される時期(責任開始期といいます)は、91日目からの開始となります。

このことから、がん保険に関する保障の責任開始期前にがんと診断確定された場合には、契約したがん保険は無効となり、保険金や給付金などが支払われることはありません。

なお、解説にあたりまして、チューリッヒ生命のがん保険を例にしましたが、がん保険の待ち期間は、がん保険を取り扱っているすべての生命保険会社で共通していることであり、保険会社間の例外というものはありません。

また、がん保険に似たようなものとして、医療保険の特約扱いとなっている「がん保障」なども同様の取り扱いとなっており、がん保険やがん保障には、待ち期間が必ず存在するということを押さえておく必要があります。

がん保険の待ち期間も保険料は支払い続ける必要はあるのか

では、実際にがん保険を契約し、90日間の待ち期間におきましても、保険料は支払い続ける必要があるのでしょうか。

こちらは、結論から申し上げますと、支払う必要があります。

実際に、がんの保障がなされないのにも関わらず、90日(約3ヶ月)もの保険料を支払うことについて腑に落ちない方も大勢おられると思いますが、こちらには、しっかりとした理由が実はあります。

それは、「不正に保険金や給付金を得るのを防止するため」です。

たとえば、がん保険に加入していない方が、がんと医師に診断されたことによって、虚偽でがん保険に加入した場合、不正に保険金や給付金を得てしまうことも十分に考えられます。

こちらは、告知義務違反にあたるほか、このような不正で保険金や給付金を得ることは、できず、時に大きな事件に発展してしまう可能性があることは言うまでもありません。

また、健康診断や人間ドッグなどで、がんなのかもしれないといった懸念が生じた場合、飛び入り加入のように、がん保険へ加入しようと考える方もおそらく大勢いると思われます。

しかし、このようなことができてしまいますと、生命保険の在り方に問題が生じることに繋がります。

生命保険は、年齢、性別、保険会社などによって支払保険料が異なる特徴があるのですが、「公平性」といった観点から、生命保険に加入することで簡単に利益を得られたり、がんになっているかもしれないため、その時になったらがん保険へ加入するといったことが認められてしまえば、そもそも、がんへの備えとしてがん保険に加入している方との公平性が保たれなくなってしまいます。

これらのような理由から、がん保険には、待ち期間があり、併せて保険料も支払い続けていかなければならないといったルールがあるわけです。

がん保険の待ち期間中に、もしも、がんになった場合の保険料の取り扱いとは

これまでの解説だけでは、1点大きな誤解を招きかねないと思われますので、補足させていただきますが、仮に、がん保険の待ち期間中に、もしも、がんになった場合は、これまでに支払った保険料が無駄になってしまうと思われている方も多いのではないでしょうか。

こちらにつきましては、もしも、このような偶発的なことが起こってしまった場合、これまで支払った保険料は返金され、保険契約は無効としての取り扱いがなされることになります。

つまり、がん保険の加入のために支払った保険料が無駄になることはないものの、これからがんにかかる治療費が長年に渡って家計を苦しくしてしまう大きな影響を与えてしまうことは言うまでもありません。

まとめ

本記事では、がん保険の待ち期間に焦点をあてて、基本的な特徴の解説から、支払保険料の取り扱いについて解説をしました。

がん保険の保障が開始されるためには、待ち期間が経過した後になることはご理解できたと思いますが、待ち期間中の保険料も無駄になることがないことを踏まえますと、がんへの備えとして、がん保険に加入することは早ければ早い程、良いのは確かです。

がんにかかる治療費は、入院、手術、退院、通院などのサイクルを通じて、それぞれ医療費がかかることになりますが、現代では、がん治療が通院をメインに行われている実態を考慮しますと、がん保険の保障は家計にとって欠かすことのできないものになっています。

最後は、メッセージのような形になってしまいましたが、がん治療における負担は、非常に大きなものとなるのが通常であるため、想定されるリスクを考えた上で、がんへの備えを検討しておきたいものです。

チューリッヒ生命 終身ガン治療保険プレミアムDX

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアムDX)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


保険市場で資料請求

2位 メットライフ生命

メットライフ生命

当サイトランキング2位はメットライフ生命(ガードエックス)です。基本補償が充実しており追加で特約をつけられるので自分に合ったがん保険にカスタマイズすることができます。


資料請求