がん保険の年齢別・性別保険料相場

医療保険より重要性を増しているがん保険ですが、保険料はどのくらいかかるのでしょうか。

人気のがん保険の特徴と年齢別・性別の保険料を整理してみました。ご自身のニーズに合った商品を選ぶ参考にしていただければと思います。

チューリッヒ生命「終身がん治療保険プレミアム」

このがん保険の特徴的な点は、

  • 最近のがん治療の主流である通院による「放射線治療」「抗がん剤治療」「ホルモン剤治療」に対する給付が主契約になっていて、治療を受けた月に定額が支払われる。
  • 従来メインの保障だった「入院」や「手術」に対する給付や「先進医療」の保障は特約で選択でき、必要な保障を選択できる自由度が高い。
  • がんになったら保険料の支払いが免除される「悪性新生物保険料払込免除特約」もあり、付加しておけば万が一の時に心強い。

ことで、保障内容を絞り込むことで保険料をリーズナブルにすることができます。

保険料試算の前提となる条件(保険期間:終身、保険料:終身払)

保障内容 シンプルプラン ベーシックプラン
主契約
(必須)
放射線治療給付金
(注1)
月額10万円(回数無制限) 月額10万円(回数無制限)
抗がん剤・ホルモン剤治療給付金
(注1)
月額10万円(回数無制限) 月額10万円(回数無制限)
特約
(必要な物を選択可)
がん入院特約 なし 日額5,000円(日数無制限)
がん手術特約 なし 1回10万円(回数無制限)
がん診断特約 一時金100万円(回数無制限、2年に1回が限度) 一時金100万円(回数無制限、2年に1回が限度)
がん通院特約 なし 日額5,000円(支払条件あり)
がん先進医療特約 なし 通算2000万円限度
悪性新生物保険料払込免除特約(上皮内新生物は対象外) なし あり

その他、がんで緩和療養を受けたとき、がんと診断された後のストレス性疾病を保障する特約もあり。
※注1 「放射線治療給付金」「抗がん剤・ホルモン剤治療給付金」は月額10~60万円まで選択可。

すでに、医療保険で入院や手術、先進医療などの保障を確保している方に、がんになった時の不足分を必要なだけ補う形で加入するのもお薦めです。

年齢別・性別保険料(月払い)

  シンプルプラン ベーシックプラン
男 性 女 性 男 性 女 性
20歳 2,064円 2,066円 2,689円 2,616円
30歳 2,557円 2,459円 3,357円 3,129円
40歳 3,451円 2,982円 4,566円 3,812円
50歳 5,177円 3,564円 6,902円 4,624円

チューリッヒ生命HP 保険料シミュレーションより作成
©Ecompany All rights reserved

オリックス生命「Believe(ビリーブ)」

このがん保険の特徴的な点は、

  • 「入院」や「手術」「診断給付金」などを主契約とする従来型の保険だが、解約返戻金や死亡保障などをなくし、保険料が安くおさえられている。
  • 初めて「がん」と診断されたときの保障が手厚く、経済的な心配が軽減される。
  • 「がん初回診断一時金(初回のみ)」のほかに「がん治療給付金(回数無制限・2年に1回を限度)」があり、再入院等にも備えられる など、手術や長期入院などに手厚い保険といえます。

保険料試算の前提となる条件(保険期間:終身、保険料:終身払)

保障内容 基本プラン 通院特約あり
主契約
(必須)
がん初回診断一時金
(初回のみ)
100万円 100万円
がん治療給付金 50万円(回数無制限、2年に1回が限度) 50万円(回数無制限、2年に1回が限度)
がん入院給付金 日額10,000円(日数無制限) 日額10,000円(日数無制限)
がん手術給付金 1回20万円(回数無制限) 1回20万円(回数無制限)
がん退院一時金 1回10万円(回数無制限) 1回10万円(回数無制限)
特約 がん通院給付金 なし 日額10,000円
がん先進医療特約 通算2000万円限度 通算2000万円限度

「診断給付金」「入院」「手術」「通院」などがんに対する幅広い保障をリーズナブルに求める方にお薦めの保険です。

年齢別・性別保険料(月払い)

  基本プラン 通院特約あり
男 性 女 性 男 性 女 性
20歳 1,900円 1,670円 2,220円 2,020円
30歳 2,580円 2,170円 2,990円 2,640円
40歳 3,710円 2,850円 4,310円 3,490円
50歳 5,500円 3,610円 6,430円 4,360円

オリックス生命HP 保険料シミュレーションより作成
©Ecompany All rights reserved

FWD富士生命「新がんベスト・ゴールドα」

このがん保険の特徴的な点は、

  • 主契約が診断給付金のみで、診断一時金特約と合わせて最高300万円まで選べる。
    (入院、手術、通院治療、生活費の補填など使い道は自由)
  • 悪性新生物と診断されたら、以後の保険料は免除。
  • 特約も「上皮内新生物診断給付金特約」「がん先進医療特約」「がん治療給付金特約」「女性がんケア特約」などとシンプル。

保険料試算の前提となる条件(保険期間:終身、保険料:終身払)

保障内容 診断給付金のみ 先進医療あり
主契約
(必須)
悪性新生物診断給付金(注1) 100万円(回数無制限、2年に1回が限度) 100万円(回数無制限、2年に1回が限度)
特約 悪性新生物初回診断一時金(注1) 50万円(初回のみ) 50万円(初回のみ)
上皮内新生物診断給付金 50万円(回数無制限、2年に1回が限度) 50万円(回数無制限、2年に1回が限度)
がん先進医療特約 なし 通算2000万円限度

※注1 「悪性新生物診断給付金」「悪性新生物初回診断一時金」合わせて300万円まで選択可。

年齢別・性別保険料(月払い)

  診断給付金のみ 先進医療あり
男 性 女 性 男 性 女 性
20歳 2,018円 1,940円 2,117円 2,038円
30歳 2,820円 2,594円 2,944円 2,717円
40歳 3,987円 3,238円 4,116円 3,365円
50歳 5,887円 3,986円 6,025円 4,118円

FWD富士生命HP 保険料シミュレーションより作成
©Ecompany All rights reserved

それぞれのがんの状態によって、「入院」「手術」が必要になるか、「通院治療」が必要になるかわかりません。

そんなとき、使い道の自由な診断給付金が十分に確保できれば安心して治療に臨むことができるでしょう。

メットライフ生命「ガードエックス」

このがん保険の特徴は、

  • 入院・通院に関わらず、「手術」「放射線治療」「抗がん剤治療」の三大治療に対応する。
    (ホルモン剤治療は1年に1回通算10回まで)
  • がん治療給付金は1年に1回を限度(通算5回まで)に支払われる。
  • 悪性新生物と診断されたら、以後の保険料は免除。
    最新の「放射線治療」「抗がん剤治療」に対する手厚い保障を得ることができます。

保険料試算の前提となる条件(保険期間:終身、保険料:終身払)

保障内容 基本プラン 特約あり
主契約
(必須)
がん治療給付金(注1) 100万円(1年に1回通算5回まで) 100万円(1年に1回通算5回まで)
ホルモン剤治療給付金 1回10万円(通算10回まで) 1回10万円(通算10回まで)
特約 がん入院保障 なし 日額5,000円(入院日数が61日目以降10,000円)
がん通院保障 なし 日額5,000円(入院61日目より2倍)
がん診断保障(注1) なし 50万円(悪性新生物の場合)
がん先進医療保障 なし 通算2000万円限度

※注1 上皮内新生物の場合は、上記給付金の50%

年齢別・性別保険料(月払い)

  基本プラン 特約あり
男 性 女 性 男 性 女 性
20歳 1,194円 1,964円 2,311円 3,029円
30歳 1,788円 2,916円 3,440円 4,441円
40歳 2,813円 4,042円 5,352円 6,170円
50歳 4,520円 5,209円 8,609円 7,971円

メットライフ生命HP 保険料シミュレーションより作成
©Ecompany All rights reserved

主契約のみの基本プランは特に若い男性の保険料が安くなっています。若いうちにがんに対する最低限の保障を確保したい方にはお勧めです。

アフラック「新生きるためのがん保険DAYS」

このがん保険も、三大治療(「手術」「放射線治療」「抗がん剤治療」)への保障が厚いのが特徴です。

  • 手術は一部を除き回数無制限、放射線治療は60日に1回を限度に回数無制限、抗がん剤治療は治療を受けた月ごとに給付金が支払われる。
  • 退院後1年以内の通院と三大治療のための通院は日数無制限。
  • 再発に備えるため「診断給付金複数回支払特約」がある。

保険料試算の前提となる条件(保険期間:終身、保険料:終身払)

保障内容 エコノミープラン 充実プラン
主契約
(必須)

 

がん診断給付金 100万円(初回のみ・上皮内新生物は10万円) 100万円(初回のみ・上皮内新生物は10万円)
がん入院給付金 日額5,000円 日額10,000円
がん通院給付金 日額5,000円 日額10,000円
がん手術治療給付金 1回10万円(14日間に1回・回数無制限) 1回20万円(14日間に1回・回数無制限)
がん放射線治療給付金 1回10万円(60日間に1回・回数無制限) 1回20万円(60日間に1回・回数無制限)
がん抗がん剤治療給付金 5万円(治療を受けた月ごと) 10万円(治療を受けた月ごと)
特約 がん先進医療特約 通算2000万円限度 通算2000万円限度

年齢別・性別保険料(月払い)

  エコノミープラン 充実プラン
男 性 女 性 男 性 女 性
20歳 1,439円 1,499円 2,129円 2,279円
30歳 2,009円 2,084円 2,949円 3,199円
40歳 2,974円 2,999円 4,389円 4,719円
50歳 4,719円 3,834円 7,069円 6,089円

アフラックHP 保険料シミュレーションより作成
©Ecompany All rights reserved

診断給付金は1回のみですが、その後の治療に対する保障が手厚くなっています。手術や長期入院が心配な方にはお勧めです。

まとめ

以上、人気のある5商品の特徴とモデルケースにおける保険料を見てきました。

年齢別・性別保険料の相場といわれるとプランにより幅広くなりますので、各社シンプルなプラン(診断給付金を100万円にそろえています)で整理すると、下記の図表となります。

  男 性 女 性
20歳代 1,000円代~2,000円前後 1,000円代~2,000円前後
30歳代 2,000円前後 2,000円前後
40歳代 2,000円代~4,000円前後 2,000円代~3,000円前後
50歳代 4,000円代~5,000円代 4,000円前後

©Ecompany All rights reserved

男性のほうが年齢を重ねるにつれ保険料が高くなることがわかりますね。

ただし、保障内容が各社異なりますので、保険料だけで単純に比較することはできません。
まずは、ご自身が必要とする「がん」に対する保障が

  • 診断給付金(がんと診断された際に一時金として給付されるもの)なのか
  • 「放射線治療」「抗がん剤治療」など通院による治療に備えるものなのか
  • 「手術」や「長期入院」に幅広く備えるものなのか

をはっきりさせると、どの商品が適しているのか見えてきます。

そのうえで、必要な特約を付加していけば理想の保障ができてくるでしょう。すでに医療保険に加入していたり、これから加入する方は重複する保障を少なくすれば、保障内容も保険料もスマートにできますね。

また、

  • 診断給付金は初回のみか、複数回支払われるか?
  • 上皮内新生物に対する保障はどうか?
  • 保険料払込免除になる条件は?

などもチェックポイントです。

ここでは各商品の特徴についておおまかにまとめました。各社のサイトやパンフレットで詳細を確認してご検討ください。

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 メットライフ生命

メットライフ生命

当サイトランキング2位はメットライフ生命(ガードエックス)です。基本補償が充実しており追加で特約をつけられるので自分に合ったがん保険にカスタマイズすることができます。


資料請求