がん保険の終身型と定期型の違いをFPが徹底比較!

がん保険の保障は、大きく「終身型」と「定期型」に分けられる特徴があり、がん保険を取り扱っている保険会社の商品によって異なる場合もあります。

単に、がん保険を検討すると言っても、保障内容を重視している方もいれば、支払保険料を重視している方もいるわけですから、何よりも自分のニーズに沿ったがん保険を理解した上で選ぶことが大切だと考えられます。

そこで本記事では、がん保険の終身型と定期型の違いについて比較して解説をすることで、これからがん保険を検討している皆さまが、自分にとってどちらのタイプのがん保険が適しているのか知ることができる構成内容で解説を進めていきます。

がん保険の終身型と定期型の大きな違いとは

がん保険の終身型と定期型の大きな違いとは、「保障期間が無期限なのか、有期限なのか」といった違いになります。

たとえば、がん保険の終身型の場合、保障が死亡するまで有効であるのに対して、がん保険の定期型の場合、「10年間」や「60歳まで」のように、保障される期間があらかじめ決まっています。

また、がん保険の終身型と定期型は、支払保険料にも違いがあり、終身型は定期型に比べて支払保険料が高いといった特徴があるのですが、その他の主な違いについては、次項の比較表で解説していきます。

がん保険の終身型と定期型の主な違いを比較

比較内容 終身型 定期型
保障期間 死亡するまで あらかじめ決まっている
支払保険料 高い 安い
保険料払込期間 終身払いや払い済みなど
選択することができる
保障期間まで
解約返戻金 貯蓄型のがん保険の場合はあり なし

がんは、いつかかるか分からない病気でありますから、いつかかってしまったとしても万全の態勢で備えておきたい考えの方であれば「終身型」が向いていると考えられます。

一方、保障は限定的でも構わないので、とにかく支払保険料の安さを重視しているという方であれば「定期型」の方が向いているでしょう。

あえて支払保険料の注意点を1つあげるとするならば、定期型のがん保険は、保障期間が満期を迎えて自動更新しますと、それまでの支払保険料が性別や年齢に応じて増加することになります。

そのため、当初は終身型の方が支払保険料は高いものの、年齢を重ねて自動更新を繰り返すことで、定期型の方が高い支払保険料を負担しなければならなくなるだけでなく、トータルで多くの支払保険料を負担してしまうといった現象が起こり得ますので、この点は要注意であり、がん保険の保障をいつまで確保しておきたいのかといった考え方によって、並行して考えるべき問題であると言えます。

がん保険は、終身型と定期型の一体どちらが良いのか?

がん保険の終身型と定期型は、一体どちらが良いのかといった疑問をお持ちの方も多いと思いますが、あくまでも、自分のニーズに沿ったがん保険に加入することが最も望ましいことです。

一般に、保険会社が取り扱っているがん保険は、終身型の方が定期型よりも多いのですが、このようなことを踏まえますと、保険会社の販売戦略はあるものの、少なくとも保険契約者のニーズにつきましても、定期型よりも終身型の方が多いといった考え方もできると思います。

また、現在、がん保険に加入している方やこれからがん保険に加入することを検討している皆さまに共通している考え方として「もしも、がんになってしまった場合の確かな備えを確保しておきたい」といったものがあるはずです。

いつがんにかかるか分からないわけでありますから、定期型のがん保険に加入することは、保障が限定的であり、確かな備えとは矛盾しているとも考えられそうです。

確かに、医療技術の進歩によって、がんは、部位によっては治る病気になっただけでなく、がんの新しい治療法や治療薬によって、がん保険の保障内容も常に新しいものに見直すことができる可能性は、定期型のメリットです。

しかしながら、更新する都度、保険料が上がってしまうこと、仮に、ライフプランを考慮した時、年齢を重ねることによる支払保険料の増加と子どもの教育費用などの増加が家計の大きな負担になる懸念があること、保険料が掛け捨てで資産として何も残らないこと、などのデメリットを総合的に終身型と比較しますと、やはり定期型のがん保険よりも終身型のがん保険の方に軍配が上がるような気も致します。

若い内から、しっかりとした終身型のがん保険に加入しておくことで、長い目で見ますと支払保険料は大きな負担にならず、確かながんの備えが一生涯に渡って確保できる点は、終身型の強みであると思っています。

参考 がん保険の備えは罹患率で考えるものではない

出典 国立がん研究センターがん情報サービス 4)がん罹患率~年齢による変化 全がんより引用

がんにかかる確率は、男女といった性別に関わらず、年齢が高くなればなる程、高くなることがグラフから読み取ることができますが、がんにかかる確率が高くなりそうな時にがん保険に加入することは、正しい考え方とは言えません。

なぜならば、若くしてがんにかかる可能性は「0%ではない」からです。

不幸にも若くしてがんにかかってしまった方や命を落としてしまった方は、誰もが自分が、がんになるとは少しも考えていなかったはずです。

若い内にがんにかかるということは、がんの進行が早いだけでなく、家族がいる場合、経済的な面なども含めて家族の人生が大きく激変することになります。

がんは、罹患率ではなく、リスクの大きさで考えなければならないはずなのです。

まとめ

本記事のまとめとして、終身型と定期型の主な違いについての表を再渇します。

比較内容 終身型 定期型
保障期間 死亡するまで あらかじめ決まっている
支払保険料 高い 安い
保険料払込期間 終身払いや払い済みなど
選択することができる
保障期間まで
解約返戻金 貯蓄型のがん保険の場合はあり なし

本文中では、私個人の主観が多くなったことで、終身型と定期型の良し悪しが偏ってしまいましたが、あくまでも、がん保険に加入される方のニーズに沿っていることが一番でありますので、参考として紹介した罹患率の考え方も考慮しつつ、最適ながん保険選びを実現していただきたいものです。

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 メットライフ生命

メットライフ生命

当サイトランキング2位はメットライフ生命(ガードエックス)です。基本補償が充実しており追加で特約をつけられるので自分に合ったがん保険にカスタマイズすることができます。


資料請求