がん保険とは?

がん保険とは、がんになってしまった場合に医療費負担や経済的負担を軽減するための生命保険のことを言います。

一般に、がんは、「日本人の死因が最も高い」「2人に1人がかかる生活習慣病」「根治までに年単位で時間を要するため治療費がかかる」など、多くの特徴を合わせ持っている病気です。

そのため、一度がんにかかってしまいますと、生き続けていられるのかといった心配はもちろん、家族の生活費やがんの治療費などといった将来に渡っての経済的負担が重くのしかかってくる心配を二重に抱えてなくてはなりません。

がん保険は、このような心配の内、経済的負担を「少額の保険料」と「高い保障」でカバーする生命保険であり、がんの備えとして極めて有効な対策方法になります。

本記事では、このがん保険について、基本的な保障内容や給付金などを中心に押さえておきたいポイントをまとめて解説します。

がん保険で受け取れる主な給付金と保障される内容について

がん保険で受け取れる給付金や保障される内容は、保険会社によって違いがありますが、ここでは、主だった給付金と保障内容について表にまとめてご紹介していきます。

給付金(保険会社によって名称が異なる) 保障内容(給付される場合)
がん診断給付金 初めてがんと医師から診断された時に受け取ることができる給付金
がん入院給付金 がんの治療を目的として入院した時に入院日数に応じて受け取ることができる給付金
がん手術給付金 がんの治療を目的として、保険会社が定めている約款における所定の手術を受けた場合に受け取ることができる給付金
がん通院給付金 がんの治療を目的として、保険会社が定めている約款における所定の通院をした時に通院日数に応じて受け取ることができる給付金
がん先進医療給付金 がんを直接の原因として、保険会社が定めている約款における所定の先進医療による治療を受けた場合に受け取ることができる給付金

オリックス生命保険 商品詳細(がん保険ビリーブ)を参考に筆者作成

上記表で紹介した給付金は、保険会社によって「主契約」もしくは「特約」といった保障の違いがあります。

たとえば、1ヶ月のがん保険料が1000円だった場合、主契約であれば1000円に含まれますが、特約の場合は、別途保険料を追加して支払わなければ保障が得られないといったイメージになります。

次項では、実際に保険会社で販売されているがん保険の給付金について、主契約、特約といった取り扱いの違いについて、比較表で確認していきます。

給付金と保障内容を保険会社で比較

比較内容 チューリッヒ生命 オリックス生命
がん保険商品名 終身ガン治療保険プレミアム がん保険ビリーブ
がん診断給付金 特約 主契約
がん入院給付金
がん手術給付金
がん通院給付金 特約
がん先進医療給付金

チューリッヒ生命 ガン保険|終身ガン治療保険プレミアムの主な特長およびオリックス生命 商品詳細(がん保険ビリーブ)を参考に筆者作成

上記表は、「FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキング」でランキング1位となった「チューリッヒ生命の終身ガン治療保険プレミアム」と2位になった「オリックス生命のがん保険ビリーブ」の主な給付金を比較したものになります。

先に解説させていただきましたように、特約は、別途保険料を追加して支払わなければ保障が得られないわけですから、本来ならば、多くの給付金が主契約で保障されることが望ましいのは確かです。

では、なぜ、がん保険の主な給付金が、すべて特約であるチューリッヒ生命終身ガン治療保険プレミアムが、保険のプロフェッショナルであるFPに選ばれることになったのでしょう?

この理由として考えられるものに、「現代のがん治療に即した保障が行われること」「顧客の状況に合わせて必要な保障を選択して加入することができること」といった2つの理由があげられると思われます。

一般に、顧客ががん保険に求めているものは、保障内容(給付金の受け取り)と支払保険料であることが多く、1つの考え方としては、いずれのニーズも満たすことができるがん保険がランキングの上位になったと推測することもできます。

がん保険の加入前に押さえておきたい2つのポイント

がん保険は、がんの治療費や家族の生活費といった経済的負担を大きく軽減させられる効果が期待できる生命保険ですが、ここでは、がん保険の加入前に押さえておきたい2つのポイントを解説していきます。

ポイント1.90日の待ち期間がある!

1つ目のポイントは、がん保険の保障開始まで90日の待ち期間があるということです。

つまり、がん保険の加入契約をしたとしても、すぐに保障が開始されるわけではないため、余裕を持ったがんの備えをしておくことが大切であり、このポイントは、がん保険の加入前に押さえておきたい1つ目のポイントになります。

ポイント2.高額療養費制度だけでは経済的負担が大きい!

2つ目のポイントは、高額療養費制度だけでは、長いがん治療における経済的負担を回避し続けるのが難しいことです。

がんの治療には、大きな医療費がかかることになりますが、高額療養費制度によって生活ができなくなる程の医療費を負担しなければならないわけではありません。

しかし、仮に毎月5万円から15万円程度の医療費を自己負担金額として5年程度、継続して支払っていかなければならないとしたらどうでしょうか?

毎月の生活費、住宅ローンの返済、高校や大学の進学費用、がんによる就業の制限および収入の減少など、大まかに考えられるものを並べてみましたが、貯蓄が年々減少し、おそらくほとんどの世帯で苦しい生活を強いられることになります。

がん保険は、このような経済的負担を大幅に軽減させる生命保険であることを2つ目のポイントとして押さえておくべきでしょう。

まとめ

がん保険は、がんになってしまった場合に医療費負担や経済的負担を軽減するための生命保険ですが、とにかく今の家計を守るためにも必要な保険だと多くの皆さまが率直に感じていただけたのではないでしょうか?

実際のところ、がん保険の「不要論」について見受けられることもありますが、がん治療の実態や考えられる懸念を合理的に判断しますと、やはりがん保険は多くの世帯で必要な生命保険あることは確かだと思います。

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 オリックス生命

当サイトランキング2位はオリックス生命(Believe ビリーブ)です。入院するたびにおりる治療給付金や、特約はがん先進医療特約とがん通院給付金の2つのシンプル設計もわかりやすくて好評です。


資料請求