がん保険と医療保険に加入する際、気を付けたい保障の重複

医療保険とがん保険、両方に入ったほうがいいのか、医療保険だけ、あるいはがん保険だけでいいのか、医療保険もがん保険もいらないのか・・・と迷う方も多いようです。

ご相談者の中には両者の違いもよくわからない、という方もいらっしゃいます。

今回は、がん保険と医療保険の特徴を整理しつつ両方に入る場合に気を付けたい重複について考えてみましょう。

医療保険とがん保険の特徴

「がん」も病気の一つですから、医療保険に加入していれば「がん」になった時にも保障されます。

ですから、がん保険にも加入するなら重複する部分も出てきます。

ただ、そもそも保障の範囲が「医療保険」と「がん保険」では異なりますので、ここから整理していきましょう。

下記の図表をご覧ください。

主な保障内容

医療保険(病気・けがを保障) がん保険(がんを保障)
  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • 通院特約
  • 先進医療特約   など
  • 診断給付金
  • 治療給付金(抗がん剤・放射線)
  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • 通院給付金
  • 先進医療特約  など

重複してくるのは「入院給付金」「通院給付金(特約)」「手術給付金」「先進医療特約」ですが、それぞれ違いはあるのでしょうか。

「入院給付金」「通院給付金(特約)」の違い

医療保険の「入院給付金」は病気やけがで入院した際、日額5000円や10000円など加入時に定めた金額が1入院あたり60日や120日の支払日数を限度に支払われます。

最近では入院日数が短くなる傾向にあり、60日型の医療保険が主流となっています。

ただし、厚生労働省の患者調査などを参照すると、精神・神経・脳疾患系の病気は入院を繰り返したり長期入院になる傾向があり、こういった病気に備えるには医療保険は助けになるといえます(こういった病気になる可能性を図るのはとても難しいのですが・・・)。

一方、がん保険の「入院給付金」は無制限で、短期間で入退院を繰り返したり、長期入院になった場合にも保障されます。同じ「入院給付金」でもがん保険のほうが手厚いといえるでしょう。

医療保険の「通院給付特約」は手術や入院を伴う通院に対し、給付金が支払われます。ですから、風邪や捻挫で数日通院しただけでは保障の対象にはなりません(「傷害保険」に加入していれば、けがの通院は補償されます)。

給付金を請求するための診断書を書いてもらうにも数千円の費用がかかりますので、退院後の何回かの通院のために保障が必要かどうかは検討の余地があるでしょう。

がん保険の通院保障は基本的には2タイプ。加入しているがん保険、あるいはこれから加入を検討しているがん保険の内容をよく検討しましょう。

  1. がん治療のために入院や手術をして退院後に通院治療した場合に給付金が支払われる(退院後、1年以内の通院など期間に制限あり)
  2. 所定のがん治療を通院で受ける場合にも給付金が支払われる

1. の場合は、医療保険同様に通院だけの治療には給付金は支払われません。医療技術の発達により、最近ではがんも通院で治療するケースが出てきているため給付対象外となります。

2. の場合は、手術や入院を伴わなくても給付金が支払われます。通院治療が多くなってきたがん治療に対応するものですが、毎日飲む薬代などは適用外などこちらも制限がありますので確認が必要です。

「手術給付金」は必要?

医療保険とがん保険で重複する保障に「手術給付金」もあります(手術の種類により、給付対象外であったり、給付金の額が異なったりします)。

医療保険に加入していれば、盲腸や白内障、骨折など多くの病気・けがの手術に対し給付金が支払われますが、がん保険だけではがん治療のための手術に限定されます。

両方に加入していれば、がんの治療で手術を受けた際には両方から給付が受けられますが、最近ではがんも必ずしも手術のみの治療で済むことは減ってきています。

医療保険にすでに加入しているのであれば、がん保険には抗がん剤や放射線治療を行ったときに給付される「治療給付金」をつけておくほうが有効でしょう。

「先進医療」とは?

また、「先進医療特約」も重複する保障です。「先進医療」とは、厚生労働省が定める「高度な医療技術を用いた治療」のことで、その治療を行う医療機関も技術ごとに指定されていて、平成29年10月1日現在、104種類の先進医療技術を延べ1683の医療機関が実施しています。

(厚生労働省 先進医療を実施している医療機関の一覧

先進医療の技術料は、健康保険の適用にはならず全額自己負担となりますので、がん治療のための陽子線療法や重粒子線療法など高額になる治療法に対応するには必須となります。

ただし、がん保険に特約として付ける場合は、がんの治療に限定されてしまいますので眼科や歯科、婦人科など広く保障を受けるためには医療保険に特約として付加するのがいいでしょう。どんな先進医療の技術が多く受けられているのでしょうか。

下記の図表をご覧ください。

技術名 年間実績件数 平均概算費用 平均入院日数
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術 9877件 約535,000円 1.2日
前眼部三次元画像解析 7788件 約3,800円 0.6日
陽子線治療 3012件 約2,680,000円 13.0日
重粒子線治療 1889件 約3,090,000円 12.1日

出典:平成27年度 中医協「先進医療の実績報告」より算出
©Ecompany All rights reserved

医療保険に付加する「先進医療特約」で保障される技術の費用は、がん治療の費用ほど高額ではありませんが、この特約の保険料は月額100円前後です。

できれば幅広い疾病に対応しておいたほうが安心といえます。

まとめ

結論として、

  • 医療保険で入院・手術の保障が確保できているなら、がん保険には「診断給付金(がんと診断された場合に所定の一時金がおりる。入院・通院・手術など使い道は問わない)」「治療給付金(抗がん剤や放射線治療を受けた際に、月額10万円など所定の給付金がおりる)」などがん治療のための保障を重視する
  • 先進医療特約は医療保険に付加するほうが、多くの先進医療技術に対応できる
  • 必要な保障(診断給付金と治療給付金のみ、手術・通院は必要なしなど)希望に応じて選択できる契約者にやさしい保険に加入する

病気になった時のために、がんになってしまった時のために・・・保険にしっかり加入して安心はしたいのですが、その分保険料はかさみます。

高額療養費制度や医療費控除などの公的保障や税制もしっかり学んで、シンプルな加入ができたら家計にも安心ですね。

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 オリックス生命

当サイトランキング2位はオリックス生命(Believe ビリーブ)です。入院するたびにおりる治療給付金や、特約はがん先進医療特約とがん通院給付金の2つのシンプル設計もわかりやすくて好評です。


資料請求