FPが解説!チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアム」

がん保険への加入を検討されている方にとって、どこの保険会社のがん保険が、どのように良いのか、詳しく知りたいと感じている方も多いと思います。

がん保険FPガイドの「FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキング」によると、がん保険の第1位にランキングしたのは、「チューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)」でしたが、そもそも、どのようなところが支持される理由なのか、多くの皆さまが気になる所だと思います。

そこで本記事では、このランキング結果を踏まえまして、チューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)が、保険のプロフェッショナルと呼ばれるFPに支持された理由について、合理的にかつ分かりやすく紐解いていきたいと思います。

支持された理由その1:現代の医療事情に合った保障で合理的

チューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)の特長に、「現代の医療事情に合った保障で合理的」であることが挙げられます。

ここで言う、現代の医療事情とは、がんの治療が、入院による治療から通院や在宅療養にシフトしているといったことを指しており、これに合わせて、チューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)は、通院や在宅療養を中心とした治療全体の保障となっています。

がんの治療は、「年単位」で通院や在宅療養を中心とした治療が続くことから、多くの方が加入されている医療保険で通院保障が不十分である点を合理的にピンポイントで補える部分は「強み」であり「大きな魅力」と考えることができます。

引用:商品の特長について教えてください

支持された理由その2:自由に保障を選んで、思い通りに組み合わせることができる

チューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)には、「ガン治療重視プラン」「ガン総合保障プラン」「自由設計プラン」という3つのプランから保障を選ぶ仕組みとなっています。

以下、30歳男性が加入する場合の保障一例となりますが、まずは、大まかな保障内容とプランによる違いを確認していきましょう。

なお、保障金額は、自由に選べますので以下の表に記載している保障金額は、参考目安に留めておいて下さい。

保障内容 ガン治療重視プラン ガン総合保障プラン 自由設計プラン
治療費 放射線治療を
受けたとき
1ヶ月につき
20万円
1ヶ月につき
20万円
1ヶ月につき10万円から60万円で選択可能
抗がん剤治療を
受けたとき
ホルモン剤治療を受けたとき
手術費 手術をしたとき 10万円/回 10万円から60万円で選択可能
入院費 入院したときの差額ベッド代や食事代 5000円/日 5000円~3万円で選択可能
通院費 通院したときの宿泊費や交通費など 5000円/日 5000円/日 5000円~3万円で選択可能
先進医療 先進医療を受けたときの治療代 通算2000万円 通算2000万円 付加/付加しないを選択可能
先進医療を受ける際の交通費や宿泊費 一括で15万円 一括で15万円
診断一時金 ガンと
診断されたら
一括で50万円 一括で50万円 一括で50万円もしくは100万円を選択可能
払込免除 ガンと診断されたら保険料の
払込が免除に
付加 付加 付加/付加しないを選択可能

チューリッヒ生命 ガン保険|終身ガン治療保険プレミアムの主な特長を参考に筆者作成

3つのプランの中でも、自由に保障を選んで、思い通りに組み合わせることができる「自由設計プラン」を選べることは、がん保険にこれから加入する方が置かれている状況に応じて必要な部分と不要な部分を分けて保障が検討できることになるため、無駄なロスが省かれて効果的であると考えることができます。

また、仮に医療保険には加入しているものの、これからがん保険に加入することを検討しているといった方にとってみますと、医療保険とがん保険の両方から保障がなされることによって生じる、「過大な保障」と「無駄な保険料支出」を同時に避けられる効果は、長い目で見ると大きいと考えることもできるでしょう。

がん保険の加入を希望しているお客様、1人ひとりのニーズは異なりますので、しっかりとヒアリングをした上で、ロスの無い、お客様のニーズに沿ったがん保険を「自由設計プラン」で考えることができる部分は、おそらく、プロのFPという立場に置かれている方々にとってみましても、自信を持ってアドバイスをすることができるがん保険と言える方も多いと思われます。

支持された理由その3:保険料の払込方法が多いため、自分のライフプランに合わせた払込ができる

がん保険に加入する際に気になる点は、「保障内容」と「支払保険料」が多いと思います。

保障内容につきましては、前項で解説した通りですが、「支払保険料」に関しましては、死亡や高度障害になるまで払込をする「終身払」のほか、「55歳払済」「60歳払済」「65歳払済」「70歳払済」という払込方法を選べるため、自分のライフプランや懐具合に合わせて支払方法を選ぶことができます。

引用:ガン保険|終身ガン治療保険プレミアムの保障内容 保険料払込期間

払済の年齢が高くなれば高くなる程、1ヶ月に払い込む支払保険料は少なくなりますが、その分、保険料負担が長く続くことになります。

一方で、死亡や高度障害になるまで払込をする「終身払」の場合は、支払保険料が最も安くなりますが、中には、一生涯の保険料負担が心配と感じる方も少なくありません。

どちらの支払方法が正しい、誤りといったものはありませんので、自分のライフプランや懐具合に合わせて支払方法を選ぶことを心掛けるようにしていただきたいものです。

まとめ

チューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)は、がん保険についてお客様のニーズに沿ったプランニングを合理的に設計できるため、お客様にとってもFPにとってもメリットのあるがん保険であると思います。

この他にもチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)には、支払保険料が払込免除になる保障として、「悪性新生物保険料払込免除特約」があります。

悪性新生物保険料払込免除特約とは、初めてガン(悪性新生物)と診断確定されたときに以後の保険料の払込は必要なくなるといった保障になりますが、この保障はできる限り付加しておきたいものです。

がんは、2人に1人がかかる確率の高い病気であり、いつかかるのか誰にも分かりません。

しかしながら、チューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)は、がんの備えとして十分な保障を持ち合わせたがん保険であることは確かであると思われます。

1位 チューリッヒ生命

当サイトランキング1位はチューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)です。最近のがん治療は通院治療が主流になってきている中、通院保障のみを主契約にしたことで治療法の変化に対応しながらも保険料の安さも両立させました。


資料請求

2位 オリックス生命

当サイトランキング2位はオリックス生命(Believe ビリーブ)です。入院するたびにおりる治療給付金や、特約はがん先進医療特約とがん通院給付金の2つのシンプル設計もわかりやすくて好評です。


資料請求